ヒルナンデスでハル無水鍋が紹介されてて欲しくなったので詳細を確認してみました!

ハルムスイ鍋(HAL無水鍋)がヒルナンデスで紹介されているの見て、おしゃれだし使い勝手が最高そうだし、キッチン道具好きの私としては一発で気になっちゃいました!

そこで、ハル無水鍋がどんなものか調べてみたので、ここで紹介をします!

HAL無水鍋とは何?

ハルムスイ鍋は実は歴史があるお鍋で、もとは大正時代に広島県の羽釜をつくる会社からスタートしたそうです。

そこから進化をし、昭和の初期には元祖「無水鍋」が誕生。それ以降も進化をつづけて今の「HAL無水鍋」がブランドとして確立したというストーリーがあります。

HALのお鍋のなかでも代表的なのは、「HAL KING無水鍋」という製品。

▼▼こちらが「HAKキング無水鍋」です【楽天にありました!】

▼▼「HAL無水鍋キング」蓋をしたらこんな感じ【楽天】

アルミニウム製であること、そして無駄のない無骨でスタイィッシュなデザインが特徴です。

カッコよくてシンプル!いわゆるインダストリアルな雰囲気のど真ん中で、個人的には好みドンピシャです^^

この他にも、浅い形状のものや片手鍋、ガラス蓋に変えられるものなど種類はいろいろとありますが、ハルの無水鍋といえば、このキングみたいですね!

HAL無水鍋でどんな調理ができるの?

見えるでしょうか?

公式ページから拝借した調理方法一覧ですが、「炊く、蒸す、煮る、茹でる、焼く、炒める、揚げる、天火(オーブン)」と、1つのお鍋で8通りの調理が可能になっています。

これ、すごいですよね〜!

つまり、炊飯から揚げ物までどんな調理でも可能。できないことは無い!ということですね。

ちなみに私は、無水調理ができるお鍋はビタクラフト(VitaCraft)を持っているし、ストウブ(Staub)も持っていて、無水カレーなんかはこちらでとっても美味しくできるのですが、HAL無水鍋のデザインが最高にツボなのでこちらも欲しくなっちゃいました^^

ハルムスイキング鍋のメリットは?

ただしストウブにもビタクラフトにも、他の無水鍋にはあまり無いHAL無水鍋のメリットもあります。

それは、非常に軽量であることです。

ストウブなんかの鋳物ホウロウは基本結構重たく、18cmだと2.9キロあります。

一方、HAL無水鍋の18cmは830グラム!

ひえ〜軽い!!

さすがアルミ製です。

ストウブ慣れしている私みたいな人にとっては、実際に手に取ると驚異的な軽さに感じるでしょうね〜。

そこが、HAL無水鍋の使い勝手の良さであり、メリットですね。

第3のお鍋としてお迎えしたくなってしまいます^^

まとめ

HAL無水鍋は、古い歴史とスタイリッシュなデザインの、8通りの調理ができる無水鍋!ということでした^^

しかもアルミ製なので他の多くの無水鍋よりも非常に軽いのが、特徴ですよ♪

▼▼「HALキング無水鍋」【楽天】

「人類史上最高の鍋」

このネーミング、すごいですよね(゚o゚;;

このHAL無水鍋の記事を書いた後、「人類史上最高の鍋」とうたう「カーボン鍋」を見つけてしまいました。

正確には、羽鳥慎一さんの朝のテレビ番組『モーニングショー』で紹介されていたのですが、調べてみると、調理器具好きとしては放っておけないほどの超高機能の高級お鍋でした!

無水鍋や、高機能の一生もののお鍋を探している人は、アナオリのカーボン鍋も要チェックですよっ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする