年末年始に海外旅行へ女ひとりで行くのにおすすめな場所9選!

みなさん、年末年始の予定はお決まりですか?

友人や恋人、家族と過ごすのもアリだけど、女子の一人旅はもっと楽しい!

今回は、「極寒の日本から常夏の海外へ」「寒いからこそ出会える絶景スポット」2つのテーマに分けて9つのおすすめの場所をご紹介いたします。

定番の近場海外ではなく、ちょっとだけ変わった場所へ。

年末年始は女一人で海外旅行も良いんじゃない?

年末年始を家族や友人、恋人と過ごさなければいけないなんて一体誰が決めたんだ!

女子一人で行く旅行は自由で出会いがたくさん溢れたものになります。

今年の年末年始は女子一人旅に決まり!

年末年始に海外旅行へ女ひとりで行くのにおすすめな場所9選!

極寒の日本から常夏の海外へ逃避行しよう!

日本の冬は寒くてたまらない!そんなあなたは海外へ避難しちゃいましょう。

南半球のオセアニアや、年中暖かい東南アジアは冬も快適に過ごすことができますよ。

オーストラリア★

オーストラリアは、南半球に位置するため、日本が冬の間はオーストラリアでは真夏になります。

しかし、オーストラリアは国土がとても広いため、都市によって大きく気候が異なるので、どの都市に行くかがとても重要になってきます。

例えば、ケアンズとハミルトン島は年末年始のころは雨季に入ってしまうので、ビーチを楽しみに行っても遊べない可能性があります。

一方、エアーズロックとパースは、年末年始は暑すぎて、とにかく過ごしにくい!!エアーズロックに登頂したくても、熱中症になるなど不安要素が生まれます。

そんなオーストラリアでも、年末年始におすすめなのが、シドニー、メルボルン、ゴールドコーストの3都市です。

シドニー★

シドニーは年中過ごしやすい気候が特徴。夏は30℃を超え、日差しも強いのですが、空気が乾燥しているので、そこまで暑く感じません。

また、オペラ·ハウスやダーリン·ハーバーなど定番の観光スポットが集結しているので、一人旅でも暇をすることはありません。

メルボルン★

メルボルンに行ったら絶対に見たいのがフィリップアイランドのペンギンパレード!

年中、開催されているのですが、海外沿いをペンギンたちが大行進するということもあり、冬は防寒が必要になります。身軽に楽しめる夏にこそ訪れたい観光スポットです。

また、メルボルンは夜が楽しい!レストランのテラス席でお酒を飲んだりするのが定番です。暖かい夏に外でする食事は最高です。外で飲んでいたら、イケメンに声をかけてもらえるなんてことも!

ゴールドコースト★

ベストシーズンが3月~10月のゴールドコースト。降り注ぐ太陽の日差しが印象的ですが、実は冬の海は入れないことはないのですが、少し寒い。年末年始の夏真っただ中に旅立ちましょう!

タイ★

ちょうど雨季が明け、11月ごろからベストシーズンを迎える東南アジアもおすすめの旅行先です。タイは、ごはんも美味しいので、リピーターも続出!

今回は、その中でも年末年始だからこそおすすめのチェンマイをご紹介いたします。

チェンマイ★

年末年始だからこそ、新しい年に向けて、運気を上げていきたいですよね!

チェンマイにはたくさんの寺院が点在しています。

例えば、厄落としに効果抜群なワット·ローイクロッ寺院や、金運にご利益があるというワット·モー·カムトゥアン寺院、そして開運のワット·ドゥアン·ディー寺院など。

見た目も金ぴかで、年末年始からなんだかご利益をたくさん得られそうですね!

インド★

私も一昨年の2月に行ってきました!年末年始や2月でも半袖で過ごせてしまう国です。

でも、女性の一人旅。「治安は大丈夫?」「汚いって聞くけど」など不安要素がたくさんあると思います。そんなあなたにぜひ訪れてほしいのが、今回ご紹介するアムリトサルという北インドに位置する町です。

日本人にはまだマイナーな都市ですが、私の一押しの都市です·

アムリトサル★

インド人というとターバンを巻いていてひげが生えている、というイメージを持つ方も多いと思いますが、実はそのような恰好をしているのは、シク教徒を信仰する人々だけです。

アムリトサルはシク教徒の聖地で、シク教徒の巡礼地であるゴールデンテンプルは圧巻の見ごたえ!昼に見てもきらきらして美しいのですが、夜はライトアップされてより一層輝きます。

シク教との人々は性格も穏やかで、日本人にもとっても優しい!一緒に写真を撮ってくれたり、ヒンディー語を教えてくれたりします。

また、「インド=汚い」というイメージがありますが、アムリトサルはとにかくきれい!メインの場所はゴミ一つ落ちておらず、日本よりもきれいなくらいです。

服屋さんやアクセサリーショップも多く、店員さんとの値段交渉を楽しみながらショッピングできますよ。

寒いからこそ出会える絶景がある!

寒いから暖かい国に逃げるという手もありますが、寒いからこそ出会える絶景がある!

ということで、冬にしか出会えない絶景がある都市をご紹介いたします。

ドイツ★ミュンヘン

美術館や巨大ビアホール、オペラなどで有名な都市、ミュンヘン。

小さな都市で、観光スポットもぎゅっと集まっているので、一人旅でも困らず気軽に巡ることができます。

もちろん、ミュンヘン市内だけでも十分楽しいのですが、少し足を延ばして訪れてほしいのが、絶景スポットであるノイシュバンシュタイン城。

ノイシュバンシュタイン城はドイツでも有名な観光スポットで、シンデレラ城のモデルにもなったお城です。

冬のドイツは日本以上に寒いのですが、ノイシュバンシュタイン城の雪をかぶった姿は、それはもう美しい!一生に一度は見ておきたい冬の名スポットです。

カナダ★イエローナイフ

私もカナダ留学中に訪れたことがあるのですが、目的はただ一つ!オーロラをみることに尽きます。

私は待機してから数分であっという間にオーロラに出会うことができました。

まるで緑とピンクの巨大なカーテンのようなオーロラが大空にゆらゆら揺れていて、涙が出るほど感動しました

一人旅で行けば、自分を見つめなおす機会になるかもしれません。

ただものすごく寒いです!私は留学中にマイナス50度を体験しました!防寒は十分にしていってくださいね。

アイスランド★スカフタフェットル国立公園・氷の洞窟

スカフタフェットル国立公園という、噛んでしまいそうな名前の公園には、ヨーロッパ最大の氷河があります。その中にある青い氷に囲まれた「氷の洞窟」はなんとも幻想的!

まさに自然が生み出した奇跡の絶景です。

アメリカ★ニューヨーク

アメリカのニューヨークは年末年始大人気のスポット!

世界中から人が集まり、自由の女神やエンパイアステートビル、博物館などどこも長蛇の列になります。

そうしてまで年末年始にニューヨークに行く理由は、年が変わる瞬間のカウントダウン。

タイムズスクエアに多くの人が集まり、年が変わるのを待つ瞬間はとにかく楽しい!人種を超えた一体感が味わえるので、一人で旅行に行っても、みんな友達のような気分!

まとめ

今回は、「極寒の日本から常夏の海外へ」と「寒いからこそ出会える絶景スポット」の2つのテーマに分けて年末年始の女子一人旅におすすめの場所をご紹介しました。

あなたは暖かい都市と、冬ならではの絶景スポット、どっち派でしたか?

冬だからこそ魅力的な海外を思う存分自由に楽しんでくださいね。

海外旅行に行く前に、やっぱり英語勉強しとく?

海外旅行の直前、1ヶ月前でも、街で使う英会話が身につくのが、『Hapa英会話』

ロサンゼルへ語学留学する日本人が大勢通う、現地の日本人向け英会話スクールのメソッドが応用されていて、しかも、日本の教科書英語ではなく、現地のカジュアルが英語をそのまま学べるんですよ。

実はコレ、今は英語が出来るようになった、こちらのサイトのオーナーも一押しなんです。

英語を何らかの方法で勉強しようと思っているのなら、絶対チェックして欲しい教材の一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする