IHこそ鍋はストウブが絶対おすすめな理由って何?

IHクッキングヒーターにこそ、Staubストウブの鍋がおすすめなんです。安い鍋だと反ったり変形してガタガタになり何度も買い替えていませんか?また、IHの最大の弱点、『ガス火で調理するほど美味しくない』をストウブの鍋が完全に克服してくれるんです!その秘密や、ストウブはIHにこそ超おすすめな理由を詳しくお伝えします!

Staubストウブ 鍋はIHに最高におすすめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストウブ Staub ピコ ココットラウンド Rund 22cm ホーロー 鍋 …
価格:15499円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

↑ ↑ ↑
こちらがストウブの鍋です【楽天】

Staubストウブの鍋ってどんなもの?

まずはストウブをよく知らない方へ、ストウブとは何なのか少しご紹介しますねー。上のリンクの写真にあるのがストウブの鍋。フランスのメーカーで、日本に上陸して以来、ずーっと大人気状態が続いています。

その人気は、楽天市場の両手鍋人気ランキングをみればストウブでランキングが独占状態になっていることからも、凄まじいものだと分かります。人気の秘密は、そのおしゃれな外観と、何と言っても素晴らしい機能性!

Staubストウブの鍋は、ここがスゴイ!!

鋳物ホーロー製なので厚みがどっしりとあって、とにかく料理がなんでも美味しくできるんです!野菜やお肉をそのまま入れて火にかけるだけで、普通の安いお鍋とはまったく別物の仕上がりになりますよ。

野菜は本来の甘味が引き出されてホクホクに、お肉もこれでもかというくらいにジューシーに!とにかく、鍋に任せれば美味しくできるというのが特徴です。
でもこれだけではなく、その他にも魅力がたっくさんあるんですよ!

まとめると、

  • 焦げ付きにくい
  • 保温性が高い
  • 100年以上も使える耐久性
  • 焼く、煮る、炊く、蒸す、グリル、炒める、揚げるとオールマイティな調理法
  • 無水調理が可能(これスゴイんです!)

と、山ほど素晴らしいところがあるんです。

ストウブの鍋がどんなに素晴らしものか、少しは伝わったでしょうか・・?ではそろそろ、なぜこのストウブがIHにおすすめなのかという、本題に入りますね。

Staubストウブの鍋がIHにこそ、おすすめな理由2つ

理由① 変形しない・反らない

IHを使っていて、何か困ること、ありませんか?

そう。安いお鍋やフライパンだと、少しづつ反ってきてガタガタになってしまうこと。ガタガタになると何が困るかというと、ヒーター部分にピッタリと接しなくなるので熱伝導が著しく落ちてしまうんです。スイッチを入れてもなかなか温まらなくなってくるんですよ。

IHのこの問題、きっと多くの人が経験しているのでは?IHの場合、ガスとくらべて圧倒的な熱が鍋底だけに集中します。安いお鍋(つまり薄い鍋)は、これに耐えられないというわけなんですね。
ところがストウブのお鍋だと、何年経っても、反る・変形するということがありません。ストウブのお鍋は値段が少々張りますが、安いお鍋をこの先一生買い替え続けることを考えると、ストウブ1台で済むのだから経済的ですよね(例:1年に1回買い替えを30年→約2,000円×30回=60,000円)。
これが、ストウブをおすすめする理由のうち一つ目です。

理由② 遠赤外線で美味しくなる!

IHはとても便利な反面、やはり欠点もあります。それはガス火ほどの美味しさが出ないということ。だから、お料理にこだわりがある人やプロフェッショナルな人達はどんなに便利でもIHではなく、ガスの炎を使い続けます。分かる人には分かるくらい、はっきりと味に差が出るんですよ。
では、なぜ味に差が出てしまうのでしょうか??

・・それは、遠赤外線が出るかでないかの違いなんです。炎で美味しくなるのは、炎から遠赤外線が出ているから。IHは、それがないんですよ。

でもそこにストウブの鍋をもってくると、なんと、遠赤外線が出るんです

ストウブは鋳物ホーロー製でしたね。この鋳物に含まれる炭素が、遠赤外線を生むということなんですね。

そういうわけで、遠赤外線の出ないIHにストウブの鍋を乗せることで、IHのデメリットを克服することができるというわけなんです。
これがストウブをおすすめする理由の2目です。

少々説明が長くなりましたが、お分かり頂けましたか?

端的にまとめると、永久に反ったり変形することがないのでコスパが抜群であるということ、そして、IHにはない遠赤外線が出るので炎で調理したのと同様に美味しくなるということですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストウブ Staub ピコ ココットラウンド cocotte rund 24cm…
価格:18299円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

この2つだけでも、ストウブの鍋を選ぶべき大きな理由にはなるはずです。でもここでもう少し、最初にも少し触れたストウブのオールマイティな調理方法についてご説明しますね。

Staubストウブの鍋ってどんな風に使えるの?

ストウブは、「焼く、煮る、炊く、蒸す、グリル、炒める、揚げる」が可能でしたよね!このどれもが中途半端ではなく、すべて最高級に美味しくできるんですよー。

「焼く」=フライパンのようにお肉を焼いたりお野菜を焼き付けて外カリッ、中ジューシーなグリルが出来る。
「煮る」=蓋蒸気が逃げないので、煮物が少量の煮汁でほっこほこに出来る。
「炊く」=炊飯が炊飯器よりも早く出来る。高級電気炊飯器よりもおいしいという声も多いです。
「蒸す」=蓋が重たいので蒸し料理にも最適。
「グリル」=鍋に材料を入れたらそのまま丸ごとグリルに入れて焼いてしまえます。
「揚げる」=厚みがあり温度が均一に保てるのでカラッと揚がるとよく知られているんです。

ストウブ鍋のサイズ・形の選び方

ストウブの魅力、ちょっと想像できましたかー?では、ストウブのお鍋、どんな種類があるのが代表的な物を簡単に説明しますね!

形は『ラウンド』と『オーバル』、大きさは1〜2㎝刻みでかなり豊富にあります。
ラウンドとは円形、オーバルとは楕円形のことです。通常の炊飯や煮炊きには、火が均一に入り扱いやすいラウンドのタイプがおすすめです。オーバルは、とうもろこしやさつま芋、大きな魚などを丸ごと入れる時に使う人が多いですよ。
大きさは、IHの場合ヒーター部分の円形よりも鍋底が小さいと火が通らない可能性がありますよね。おおむね、16㎝以上のお鍋ならば大丈夫だと言われますが、正確にはお使いのIHを確認してみて下さいね。
結局、一番人気のストウブ鍋といえば、『ラウンド』タイプの18㎝・20㎝・22㎝・24㎝あたりです。それより大きいサイズも小さいサイズもありますが、この4サイズ当たりに人気が集中しています。もっと詳しいサイズ選びは、別記事にまとめてあるのでそちらを参考にして下さいねストウブのサイズの選び方詳細20㎝と22㎝比較Ver.)

まとめ

ストウブを使ってみてその美味しさに驚き、「もっと早く購入していれば良かった〜!」となる方が多いんですよ。ぜひ、せっかく毎日お料理するなら良いお鍋で美味しいものを召し上がって下さいね。そしてストウブは一生ものなので、もしお手元に来たらば大切にしてあげてくださいね^^

あなたにはこちらの記事もおすすめ

おすすめの高品質の人気鉄フライパン!IHにもおすすめです。

楽天市場でストウブの販売数ダントツ1位のお店です

↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストウブ Staub ピコ ココットラウンド cocotte rund 22cm…
価格:15999円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

ストウブのサイズ選び、どうする?

ストウブの数あるサイズのバリエーションのなかでも特に人気の高い、20cmと、22cmの「ココット・ラウンド」を徹底的に比較しました!

ストウブが気になっているものの、サイズ選びに迷っている方は、こちらの記事に、サイズ感や比較、お料理がどれくらいの量作れるかなど、詳しくまとめていますので、参考にして下さいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする