Staubストウブは使いにくいのか?デメリットや重さ問題の口コミ感想まとめ

ストウブの鍋で料理するとかなり美味しく出来上がるらしい。けれど、お鍋にしては良いお値段がするし、重さもあるし、存在感もある。
欲しいけど、実際に買っても出番がしっかりとあるの!?っと気になりませんか?

実際に購入した方達のなかでストウブを使いにくいと感じている人はいるのでしょうか?またどんな点についてデメリットを感じている人が多いのでしょうか?
こちらでは実際に購入した方達の口コミ感想をチェックして、まとめてみました。購入前の参考にどうぞ。

Staub ストウブ鍋ってデメリットあるの?

ストウブのお鍋はサイズが2㎝刻みで設定されていてバリエーションが豊富にあります。

サイズによって重さが変わってきますから、扱いやすさを考えるうえでサイズは重要ですよ!

今はどんなサイズがよく選ばれているのでしょうか?ストウブ鍋で人気のサイズをチェックしておきましょう。実は、今楽天の『両絵鍋』ジャンルの人気ランキングのでは、ほとんどストウブ鍋が独占状態なのです。
両手鍋イコール、ストウブ鍋と事実上なってしまっているほど、ストウブは人気が高いんです。

ストウブ鍋(両手鍋ジャンル)の楽天人気ランキングはこちらで確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓
両手鍋(ストウブ含む)人気ランキング【楽天】

ストウブの人気がお分かり頂けましたか?ランキング上位は特にストウブの各種類がいくつもランクインしていますね〜。
これほどに人気を誇り、売れ続けるストウブのお鍋。もちろんそれには理由がありますから、非常に良いお鍋だということは十分に予測できますね。

ですがここでは逆のデメリットの方から確認してみましょう!
購入前にはメリットだけではなくデメリットも知っておきたですよね!実際の購入者の方達の口コミでデメリットに触れているものをまとめてみました。

ストウブのデメリットについての口コミ評判

その1「ストウブは重たいかも・・」の感想を集めました!

数多くの口コミのなかで最も多かったデメリットが、「重たい」という声。
これに関して、代表的な口コミを集めてみました!
サイズ別にまとめています。

24cmのサイズを購入した人の口コミ

・結構重い。大は小を兼ねると思ったのに(24㎝購入者)
・少し重たくて使う頻度が減ってしまう(24㎝購入者)
・けっこう重たいので、これくらいが私には限界かも(22㎝購入者)

▲重たいのは、重たい。ってことみたいですね。扱えるものの、気が重いって感じでは?

22cm〜20cmのサイズを購入した人の口コミ

・少し重いかなと感じるくらいです(20㎝購入者)
・蓋は重いですが本体はそうでもないので洗うのは苦ではありません(20㎝購入者)

▲ちょっと重いけど、十分扱えるっていう感じですね!

18cmのサイズを購入した人の口コミ

・重たいですが、この大きさだと気になるほどではありません(18㎝購入者)
・頑張って片手で持てる重さです(18㎝購入者)

▲これくらいの重さだと片手でも扱えるので、非力な人でもOKですね!

16cm〜14cmのサイズを購入した人の口コミ

・軽いから洗いやすい!これから1番使う回数が多くなる気がします(16㎝購入者)
・そんなに重くなく使いやすいので気に入りました(16㎝購入者)
・重いかな?と思ってましたが、この程度ならOK!(14㎝購入者)
・重さもこれくらいならまったく問題ないので毎日使えます(14㎝購入者)

▲このサイズになると、「重たくて使いづらい!」という声はほぼありませんでした。むしろ、「軽い」の声も出てきています。

「重さ」に関する口コミで分かったこと


この口コミをまとめて分かったのは、サイズが小さくなるほど扱いやすくなる。ということ。
当然のことですが、ストウブほどの重量感があるお鍋だと、それが顕著にサイズの違いに出るみたいですね。
おおよそ20cm以下のサイズであれば、例え非力な人でも負担なく扱うことができそうです!逆に24cmになると、ある程度の重さは覚悟が必要ですね!

その2 ストウブの蓋の隙間から蒸気が上がる!?

▼こんな購入者レビューがいくつかありますが、どう考えれば良いでしょう!?

・蓋のすき間から蒸気があがる!
・蒸気が漏れて焦げついた
・吹きこぼれます

「蒸気が上がる」については心配しすぎる必要なし!


どんなに機密性が高いお鍋でも、蒸気が抜けなければ圧が上がりすぎて鍋が破裂しちゃいますよね。圧力鍋でも、蒸気を逃す必要があるように。
ストウブは蓋が重たく密閉性が通常のお鍋よりはグッと高いですが、蒸気が出るのは正常ですよ!
ご心配なく。
(ストウブの公式HPなど確認した結果です^^)

数然と寄せられている口コミを丁寧に調べてみましたが、デメリットといえるような意見は、上の2つくらいでした。
あとは本体の縁や蓋に剥がれや欠けがあるという評価も散見されましたが、これは製造方法上の特徴で、正規ルートの品にもあるようです。

でもこの2つ、「重さ」問題と「蒸気」問題。どうすれば良いのでしょうか?
もう一度、詳しく下にまとめました!

「ストウブ重たい!」の問題をどう考える?

口コミをまとめてみると、20㎝を境い目に、重くて扱いにくいという感想が少なくなっていました。
22㎝以上は重さが気になる場合が多く、20㎝だと「重いけどこれくらいなら十分扱えるし使う気が失せるほどではない」という感じのようですよ。

それが16㎝や14㎝になると「ずしりと感じるけれど扱いにくさはなく気軽に毎日使える」感覚になるみたいです。ちなみにこれらの大半は、女性の感想です。

ということなので、重さがどうしても気になる場合には20㎝以下で検討することをオススメします!

必要以上に大きいサイズを選ばないことは重要かと思います。
「ストウブは大は小を兼ねない」ともよく言われるので、必要なサイズを見極めて選んでくださいね。

サイズ選びや重量については以下の記事を参考にどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
*22㎝と20㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方の記事はコチラ*
*20㎝と18㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方の記事はコチラ*
*18㎝と16㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方の記事はコチラ*
*16㎝と14㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方の記事はコチラ*

家族の人数によってはやはり、大きなサイズが必要になる場合もありますよね。20㎝以上の購入者の方のなかで、「腕引き締めの筋トレだと思って洗っている」とポジティブに捉えている方も居ましたよ^^
たしかに、洗う度に筋トレできてる・・と思うと一石二鳥のお得感あるかも。

ストウブの何よりの良さは、お料理が美味しくなること。「感動した!!」というレビューはやはり多かったですよ〜。
一度使えば少々重いのなどは気にならなくなることが多いようです。

「躊躇していましたが悩んでないで、もっと早く買えば良かった(24㎝)」「重いけど美味しくできるので毎日使っています(22㎝)」といった類の感想も、結構ありましたよ。

▶︎20cm以上でとにかく軽く、かつストウブのように「無水調理」ができるお鍋を希望する人は、「HALのムスイ」もおススメですよ!

ストウブの蓋から「蒸気があがる」問題をどう考える?

これについては、ストウブの公式のHPに対処方法が載っていましたので引用します。

火加減や食材の量により蒸気の漏れやふきこぼれが生じる場合がございます。
火力が強すぎるかお鍋の容量に対する食材の量が多すぎる可能性がございます。
目安としては、お鍋の容量に対し、食材の量は約60~70%までとしてください。
(ストウブ公式サイトより引用)

・・とのことです。
不良品では?と心配される方もいますが、そうではないようですね。
ご安心を!

考えてみれば、圧力鍋でもないのに蒸気がまったく上がらないなんていうことはないですよね。もっとも弱火で調理すれば蒸気はごく少なくなりますが。
蒸気が逃げる場所がなければ、中の圧が高まりすぎて恐ろしいです!

それに、そもそもストウブは強火での調理をする必要はあまりないのです。熱が全体にまわって食材を温めるという特性があるので。
公式HPにも、強火は避けて中火以下で調理スタートするようにと記載がありますよ。

まとめ

今回、口コミ感想をまとめる際に思ったのが、製品へのマイナス評価が少ない!ということです。
上に書いたデメリット2つの点を除いては、ほとんどマイナス点やデメリットといえるものは見当たりませんでした。
ストウブのお鍋って、本当に素晴らしいお鍋なんだな〜と改めて実感。一度買うと死ぬまででもずっと使えるっていうのもいいですよね。愛着がわいてきます。
あなたのファーストストウブ、しっかりサイズ選びをして大切に使ってあげてくださいね^^

▼こちらは「並行輸入品」の格安人気店。サイズ色々あります【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【GWもあす楽】ストウブ 鍋 Staub ピコ・ココットラウンド 24cm 両手…
価格:17899円(税込、送料無料) (2020/4/23時点)

楽天で購入

▶︎20cm以上でもとにかく軽く、かつストウブのように「無水調理」ができるお鍋を希望する人は、「HALのムスイ」もとてもおススメですよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする