Staubストウブでの揚げ物によい大きさは?サイズを考える。

ストウブのお鍋って、煮物や炊飯だけでなく、揚げ物でもかなりの威力を発揮してくれるんです。なぜなら、鋳物ホーロー製で保温性が高いから。でも揚げ物って、その他の調理方法に比べて細かな気配りやコツが必要。ちょっと条件が違うだけでべちゃっとなってしまったり。
失敗しやすい調理法でもあるんですよね。鍋の大きさや温度に油の量など、色々と条件があります。ここでは揚げ物にぴったりな鍋の大きさを考えてみたいと思います

Staubストウブ鍋

ストウブのお鍋、皆どんなサイズのものを使っているのでしょうか?揚げ物メインに使っている方もいれば、煮物や炊飯にとオールマイティに使っている方もいるはず。ストウブの鍋のサイズは、インスタントラーメンも入らないようなとても小さいサイズから、大人数の調理が可能な大きなサイズまでありますが、売れ筋の人気のサイズはどれでしょうか?ここでチェックしておきましょう。
楽天ではストウブは両手鍋のカテゴリに入るのですが、ランキングはストウブ一色です。ということで、両手鍋のカテゴリはほとんどストウブの人気ランキングと化しております。

両手鍋(ストウブ)の楽天人気ランキングはこちらで確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓
両手鍋(ストウブ)売れ筋ランキング【楽天】

24㎝、22㎝、20㎝くらいが売れ筋かなー?という感じですね!
おそらく、1人暮らしよりは2人〜4人向けくらいのサイズですね。
ではこのストウブで、揚げ物をしたい!という時にはどんなサイズがちょうど良いのでしょうか?

ストウブの丸型鍋(ラウンド)のサイズは、2㎝刻みで用意されています。これが楕円形(オーバル)になると、その間のサイズがあるのですが、揚げ物は均一に火が通ることが大切です。ですのでこれ以降は、ラウンドタイプを基準に検討してみましょう。

ストウブで揚げものをする時、油はどれくらい必要なのか?

揚げ物をするときに必要な油の量は、だいたい底から3㎝〜3.5㎝くらいですね。
というとどれくらいの油の量になるんだろう・・・とググっていると、日清オイリオさんのホームページに、丁度よい情報が載っていました!24㎝の鍋で、800mlの油が必要だそうです。
800mlというと、よくスーパーで見かけるあの日清キャノーラ油の容器、ほぼまるまる一本分・・・え!?これはちょっと、いくらなんでもこれは・・・。まずそんなに大量の油、あとの処理が大変だし、経済的にも揚げ物の度に1本分使うというのは、きびしい!
というか、私自身、そんなに大量の油が必要だとはまさか思わなかったので調べてみてちょっとびっくりしました。でも考えてみれば、ストウブのお鍋って縁から底までほぼ寸胴型になっているので、縁が24㎝だと底もほぼ24㎝なんですね。よく見かける揚げ物用鍋や中華鍋だと底の方が縁よりも小さくなっているので、油の量がけっこう節約できるんですね〜。ストウブで揚げ物をするということは、中華鍋等や口広がりの揚げ物鍋とくらべると、沢山の油が必要ということのようですね。

少しでも少ない油で済ませるにはどうすれば良いか?

これは単純に、油を浅くするか鍋を小さくするかですよね。最近では油を浅くしても揚げ物ができるレシピも多いですが、やっぱり、たっぷりの油で揚げたほうがカラッと美味しいにきまっています。それにせっかくストウブを使うんだから、一番美味しくなる方法で揚げたいですよね!ということで、小さめの鍋をつかうことで油の使用量を減らす、という方法の方が良いと思われます。
ということで次に、ストウブの各サイズでどれくらいの油が必要になってくるか、計算して出してみましょう!

ストウブで揚げ物する時に必要な油の量【鍋サイズ別】

24㎝: 800ml 
22㎝: 672ml
20㎝: 556ml
18㎝: 450ml
16㎝: 356ml
14㎝: 272ml

24㎝で800mlという日清オイリオさんのホームページ情報をもとに、それより小さいサイズの鍋をそれぞれ計算してみました!
揚げ物を14㎝より小さい鍋でするのははちょっと現実的ではないと思うので、そのあたりまでで。
どうですか?キャノーラ油のボトル1本が910ml(1000g)を目安に考えてみてください。18㎝にまで小さくすると、油の量は24㎝の半分近くで済むことになりますね!
ただこの、油の量が鍋底から3㎝程度、というのは実際に入れてみると結構、しっかりと深い印象です。本格的な揚げ物中心のおかずにしたい場合などではなく、ちゃちゃっと副菜として揚げたい場合などは、もう少し少なくても良いのでは?というような量。私なんかは普段からもっと少ない量の油で揚げています。個人的には、2㎝くらいまで(上記に計算した量の2/3)減らせるのでは…?と思います。

ストウブでどれくらいの量の食材を揚げられるのか?

18㎝を基準に考えてみましょう。家で実際に18㎝鍋に女性の手のひらを閉じたサイズのトンカツを入れてみました。結果、2枚がちょうどぴったり入るくらいの大きさです。トンカツの大きさによってはちょっと隙間もできるかも?というような感じでした。そう考えると、これはちょっと窮屈すぎるような…。もっと面積の小さい食材、例えば鶏の唐揚げだとどうでしょうか?これは、18㎝であれば2人〜3人分の量が1度で揚げられるくらいの容量があります。余裕ですね。2度に分けて揚げてもよいのならば、18㎝も要らないかもしれません。

サイズ選びは何を基準にすれば良いのか?

揚げ物は、油の表面積に対して1/2〜2/3くらいまでの食材の量にしておかなければ、カラッと上手にあがりにくいといわれます。油の量に対して食材が多くなれば、油の温度が下がってしまうから、という理由です。なので、例えばトンカツなどの大きな食材を揚げる頻度を、どれくらいのサイズの鍋を選ぶかの基準にすることもできると思います。例えばトンカツ2枚をしょちゅう揚げるのであれば、20㎝の方が良いかもしれませんね。そうではなく、鶏の唐揚げや天ぷらなど小さめのものをよく揚げるというならば18㎝あれば十分でしょうし、それがもし1人〜2人分ならば16㎝でも十分いける大きさだと思います。

まとめ

ストウブ鍋で揚げると結構油が必要だということがわかりましたが、保温性に優れているのでその分カラッと美味しく揚がりやすいですよ。普段薄手の鍋で揚げている人は、その違いに驚くのでは!?お鍋のサイズ、悩むところですがしっかりと、何をどれくらい作りたいのかを考えながら、選んでくださいね^^

揚げ物だけではなく炊飯や煮物等もしたい場合には、またちょっと選び方が違ってきますので、詳しいサイズの選び方はコチラの記事でご確認くださいm(_ _)m

↓ ↓ ↓ ↓
*22㎝と20㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方はコチラ*
*18㎝と16㎝のサイズ比較や調理可能な量、選び方はコチラ*

ストウブで蓋をして揚げもするレシピはこちらのレシピ本にも載っています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする