一人暮らしに土鍋がおすすめな理由とサイズの選び方とは?

一人暮らしなら、ご飯を炊くのに実は土鍋がかなりおすすめなんですよ!炊飯器が必需品だというのは思い込みですよ〜。土鍋はスペースも取らず、コスパも良い最高の炊飯器具です。そして安い炊飯器より確実に美味しいんです。こちらでは、一人暮らしに土鍋がおすすめな理由と、土鍋のサイズの選び方をご紹介します。

一人暮らしには炊飯器より土鍋!

一人暮らしのこんな人には土鍋がおススメ

☑キッチンのスペースに余裕が無い

☑インテリアにもこだわりたい

☑せっかくなら美味しいご飯を食べたい

☑コストをおさえたい

☑手早く簡単に炊飯したい

↑↑↑  これらに当てはまる方は、炊飯器よりも土鍋が断然、オススメですよ〜!

「でも土鍋の扱い、難しそう!」なんて思っていませんか?

大丈夫。実はとても簡単なんですよ。扱い方もまとめてご紹介するので、最後まで読んで下さいね^^

一人暮らしに土鍋がおすすめな理由4つ

美味しいツヤツヤご飯が炊ける!

まず土鍋の利点といえばコレ。美味しく炊けることが一番の素晴らしい点です。
炊飯器のキャッチフレーズ等でも「まるで土鍋炊き」といった言葉、聞いたことありませんか?
それほどに土鍋が美味しくご飯を炊けるのはナゼかというと、まず電気ではなくガスの炎で炊くからなんです。炎からは遠赤外線が出ているので、それがお米をふっくらと仕上げてくれるんですよ。

それに、土鍋特有の保温性の高さも理由のひとつ。蓄熱性が非常に高いので、温度がゆっくりと上昇して、上昇したら熱を逃さないんですよね。この土鍋特有の温度上昇の仕方が、炊飯には最適なんですよ。

炊飯器より早く炊ける

実は土鍋って、たいていの炊飯器と同じか、それよりも早く炊けるくらいなんですよ!
土鍋の種類にもよりますが、火にかけてからだいたい15分〜20分くらいで炊きあがります。あとはそのまま蒸らせばOK。思ったよりも意外と早く、簡単に炊けるのが、土鍋を初めて使った人が驚くところです^^

スペースを取らない

炊飯器と違ってコードが無かったり軽い分、どこへでも置けますよね。炊飯器だと置く場所は限られてくるし、存在感もどうしても出てしまいます。おしゃれなデザインのものもあるとはいえ、そもそもおしゃれなモノでは無いですからね・・。
土鍋なら、インテリアにこだわったキッチンでも浮きません。むしろおしゃれに見えますよね〜。

後片づけが簡単

炊飯器を使ったら洗うように、土鍋も使ったら洗って乾かす。それだけです^^
洗剤も使わなくてOK!普通に使っていればぬるま湯でスポンジで擦ると簡単にキレイになるのでストレスはありません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料・さらに特典付き!長谷製陶 かまどさん2合炊き(ct-03)★
価格:7714円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

デメリットは無いの?

私自身も炊飯器を持っていなくて土鍋を使っているのですが、実際、困ったことは一度もありません・・。
保温機能が付いていないことを不安に思う方もいると思いますが、それも大丈夫。
多めに炊いて1食分づつ冷凍しておいて、食べる時にレンジでチンすれば、かなり美味しく食べられるんですよ。少なくとも保温機能で保管しておいたご飯よりは、断然美味しいです。

ガスコンロが1口しかない場合はどうする?

ガスコンロが一口しか無いお家だと、土鍋で占領してしまうと他の調理が出来ませんね!でもそういう場合でも、実はおかずと土鍋の同時調理が可能なんですよ〜。
どういうことかというと、土鍋の火を止めたら、すぐにガス台から下ろしておかずの調理を始めてしまいましょう。どちらにしても蒸らし時間が15分はかかるので、その間に空いたガスコンロで調理をすれば、ご飯が蒸らし上がるのとおかずと同時に出来上がりますよ。

もし調理にそれ以上の時間がかかるという場合には、ガスから下ろしてすぐに、厚みのあるタオルやブランケットで土鍋を巻いて保温します。それで30分程度は余裕で熱々の炊きたて状態をキープしてくれますよ(タオルが熱で焦げないように鍋底には紙を敷いてから巻いた方が良いです)
食べる時に、「まだ熱いのっ!?」と驚くはずです^^

あとはまとめて炊いて冷凍しておくのも楽チンですね〜。

一人暮らしの土鍋の選び方 大きさはどれが良い?

では一人暮らしにぴったりの大きさの土鍋って、どんなお鍋なのでしょうか?
サイズ選びで大切なのは、お米の量に対して大きすぎず、小さすぎないこと。
お鍋が小さすぎると吹きこぼれてしまいますし、大きすぎても美味しく炊けません。また、お米は一度に沢山炊くほど、美味しく炊き上がるんですよ。

一人暮らしなら、上にも書いたように多めに炊いておいて冷凍する方法が手間がなくておすすめです。それを考えると1合炊きだと少し小さいと思いますよ。
ちなみに、お茶碗に1杯はだいたいお米0.4合分くらいといわれています。
1合なら2杯分とちょっとくらいですね。保存するにしても1食分にしかなりませんよね〜。それなら、2合〜2.5合くらいまとめて炊いて、3食〜4食分くらい冷凍しておいた方が効率が良いですよ^^

つまり、サイズは2合〜3合炊きがおススメです。

あとお料理好きな人は、炊き込みご飯や鶏ごはんなど、具材があるご飯にもチャレンジしたいのでは?そういう場合は特に1合だとかなりキツイので、やはり2〜3合炊きがおすすめですよ!

ちなみに、私自身の使っている土鍋も2合炊きくらいの容量です。

↓↓↓カワイイ2合炊きサイズの「かまどさん」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料・さらに特典付き!長谷製陶 かまどさん2合炊き(ct-03)★
価格:7714円(税込、送料無料) (2018/3/2時点) 

土鍋でのご飯の炊き方

炊き方、とても簡単です。

①お米を研いだら、土鍋にお米と同量の水を入れて浸しておきます。ここは炊飯器と一緒ですね。

②土鍋の外側に水滴が付いていないこを確認して、中火にかけます

③湯気が勢いよく出てきたら弱火に落とし、約10分〜15分して火を止めます。

④そのままで15分蒸らし、ふわっと軽く混ぜたら出来上がり!

簡単でしょ?火にかける時間はお米の量や土鍋の厚さにもよるのですが、だいたい上に書いた範囲で上手くいくはずですよ。

数回も炊けばコツが分かるはずです。1〜2分単位で調節して何度か試してみて下さいね^^

※土鍋は急激な温度変化に弱いので、底が濡れたまま火にかけたりまだ熱い状態で水につけないようにしてくださいね。

まとめ

土鍋は、スペースをとらず、インテリアもこわさず、簡単に早く、美味しく炊くことができる!
ということがお分かり頂けたのではないでしょうか〜?^^
この記事をご覧の方は、「どうせなら美味しいご飯を食べたい」という思いもきっとあるのでは?それなら、一人用の安価な炊飯器を買うとがっかりしてしまう可能性はありますよ。
土鍋は価格も高くないので、この機会にチャンレンジしてみては?
せっかくの一人暮らしの食卓、土鍋でササッと炊いて、美味しいご飯を食べて下さいね^^

↓↓↓「かまどさん」はセレクトショップでも定番の人気商品です。厚いので非常に美味しく炊けます。コレなら火加減の調整は不要。中強火にかけて蒸気が勢い良く上がれば火をとめて蒸らすだけ!失敗知らずですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料・さらに特典付き!長谷製陶 かまどさん2合炊き(ct-03)★
価格:7714円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

↓↓↓私が使っているのはこの萬古焼。厚みはさほどありませんが、それでも保温性バツグンで美味しいご飯を炊いてくれます^^コチラは3合炊き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする