Staubストウブは土鍋の代わりになるか?違いを解説!ご飯炊くならどっちだ。

土鍋の役割をストウブで出来ないのかな?両方持つのはかさばるし、もし代用できるならどちらか一つに絞れるとキッチンもスッキリしますよね!また、ご飯をおいしく炊くにはどちらがより適しているのかも気になるところですよね〜。土鍋は伝統的なとても優秀な機能を持つ調理器具ですが、ストウブでどこまでその機能がまかなえるのか!?特徴を比べてみましょう!

staubストウブは土鍋の代わりになるか?

まずは土鍋とストウブ、それぞれ今はどんなものがあるのか見てみましょう〜。

まずは土鍋をチェック

土鍋と一言でいっても色んな形がありますよね。最近はどんなタイプの土鍋が人気なんでしょうか。まずは楽天市場で、人気ランキングをチェックしてみましょう!

土鍋の楽天人気ランキングはこちらで確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓
〉〉土鍋楽天市場人気ランキング【楽天市場】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料・さらに!特典付き長谷製陶 かまどさん3合炊き(ct-01)★
価格:10285円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)

次にストウブをチェック!どんなタイプのものが人気なのでしょう?ランキングを見ると、ご飯を炊くことをメインに設計された土鍋が上位に何種類もランクインしていますね〜。大きさも色々で、2号炊きや1号炊きといったミニサイズのものもあります。土鍋でご飯を炊くというのが、今はひとつのトレンドになっているようですね。確かに、見た目にもオシャレな土鍋が多いですよね〜。土鍋といえば鍋物一択!THE和風!というイメージはもう古いのかもしれません。。

楽天では、「ストウブの人気ランキング」という枠はなかったので、両手鍋での人気ランキングをだしてみました。ですが、なんとランキングのほとんどをストウブの様々なタイプがずらりーっと独占しています。楽天の両手鍋ランキングは実質、ストウブ鍋ランキングと化しておりますね〜(・o・)

両手鍋楽天人気ランキングはこちらからチェックできます。(実質ストウブ鍋人気ランキング!)
↓  ↓  ↓  ↓
〉〉両手鍋(ストウブ)楽天人気ランキング【楽天市場】

ランキングをみてみると、両手鍋=ストウブという感じでストウブがずら~っと独占していますよね〜、スゴイ人気です。。
ストウブは形状はオーバル(楕円)よりもラウンド(円形)が人気なんですね。大きさは本当に様々ですが、強いていえば、24センチ〜18センチくらいが売れ筋と言えそうです。

ストウブ(ラウンド) ↓ ↓ ↓

この土鍋とストウブ、どちらも今なぜこれほどに人気があるのでしょうか!?
それぞれの人気な理由と良いところを、まず確認してから比較してみましょう。

土鍋とストウブの比較!優れているのはどちら?

鍋選びで重要な項目をあげて、一つづつ比べてみましょう

*頑丈さ・・・・ストウブ!土鍋は衝撃に弱く急激に冷ますと割れやすい
*料理の保存・・・ストウブ!土鍋は調理後は長時間おかず洗い乾かすのが基本
*オーブンに入れられる・・・ストウブ!土鍋はグリルには入れられません
*気密性・・・・ストウブ!一般的な土鍋だと無水調理は難しいですね
*保温力・・・土鍋!ストウブはも保温力強いが土鍋ほどではありません
*値段・・・土鍋!大きさにもよるが多くの土鍋よりストウブの方が値が張る
*調理の幅・・・どちらもよし。ストウブは煮る炊く蒸す焼く揚げるオールマイティ+無水調理が可能。土鍋でも煮る炊く蒸すOK。焼き煮だとOK、焼きに特化するのは向いていない、揚げるのは☓、しかし予熱調理は◎
*デザイン・・・どちらも。まったく違う雰囲気の二者どちらもそれぞれ良い雰囲気だしてます

土鍋の良いところまとめ

最大の特徴はじわじわとゆっくり温度が上がり、保温性に優れているところ。じんわり熱が伝わる調理法は、素材のおいしさを引き出します。特にお米や根菜類の調理には最高。冷めにくく保温力が高ので、それを利用して、温めておいたあとに布等でくるむなどして予熱で調理することが可能です。

ストウブの良いところまとめ

特徴は、鋳物ならではのずっしりとした厚み蓋も重く、裏側の突起が蒸気を食材に戻すため、野菜やお肉の旨味を逃しません。素材のおいしさを目一杯引き出せます。あとは頑丈でダメになりにくく、何十年もずーっと使えることも特徴でしょう。

ストウブ(ラウンド) ↓ ↓ ↓

という感じで、両者とも非常に素晴らしい点が多いですよね!!ですが今の段階では、ストウブは土鍋の代わりになるかがはっきりしませんね〜。では次にもう一つ大切なポイント、ご飯を炊く際の特徴について、土鍋とストウブそれぞれ深めてみましょう。

 ご飯を炊くならどっち?

結論だけまず言うと、どちらも美味しいご飯が炊ける!!美味しいご飯を炊くことをメインにお鍋を買いたいのならば、どちらでもOKです!・・・これは事実ですが、これでは選びにくくて困ってしまいますよね〜。そこで強いて比較点をあげると、ご飯を炊いた後の保温性などでしょうか。土鍋の方は、火から下ろした後にバスタオル等で包んでおくと、食事の間におかわりをする際にはまだ全然冷めていない、温かいご飯が食べられます。一方ストウブも保温性は高いですが、そこは土鍋ほどではありません。なので、ご飯炊くのがメインで、且つ、温かいご飯を長く食べたいのならば、土鍋を選ぶことをおススメしたいと思います。
ですが、ご飯を炊く以外にも、おかずを煮たり焼いたりしたいのならば、ストウブの方をおススメします。

こちらも人気の土鍋です↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料・さらに!特典付き長谷製陶 かまどさん3合炊き(ct-01)★
価格:10285円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)

結局、ストウブは土鍋の代わりになるのか?

もしストウブを土鍋の代わりにして、炊飯とおかず作りをしたいと考えているのならば、ストウブは土鍋の代わりに、しっかりとなります。保温調理だけは出来ないものの、逆に土鍋にできない揚げものや焼き物をこなしてくれます。

ですがもし、炊飯をメインでしたいと考えている場合には、よりご飯をしっかり保温してくれる土鍋を選ぶことを、おすすめします。また鍋物を多くしたい場合にも、どちらかというと、雰囲気が出やすい土鍋をおすすめしたいと思います。料理は見た目や雰囲気も大切ですから、ストウブで鍋物となると、ちょっと雰囲気に欠けますよね。

また別の視点でいうと、ガス代を節約したい人や、小さいお子さんがいて火を使う時間を極力短くしたい人、調理時間を最短にしてガス台から離れ、時間を有効活用したい人は、予熱調理のできる土鍋をオススメします。予熱で煮物など作っている間にちょっとお子さんを迎えにいったり掃除などできるのは大きなメリットですよね。

一昔前、たしか黄金伝説というTV番組の「一ヶ月一万円生活」という企画で、芸人の森三中の村上さんが「土鍋保温調理法」と名付けられたバスタオルでぐるぐるにくるむ方法ででガス代を節約しまくっていたのを覚えています。結構話題になっていたし、あれを見て土鍋のすごさに驚愕した人も多かったのではないかな〜。

では次に、ストウブと土鍋を購入する際には、どんな視点で選べばよいのかお話しますね。

ストウブと土鍋の選び方

土鍋の選び方

保温力をより求めるなら、表面が滑らかで細かな土でできたタイプを選ぶと抜群に性能を発揮してくれます。ですがやや汚れが落ちにくいという点はあります。逆に、粗い土でできたザラザラシしたタイプだと保温力は前者にはおとりますが、汚れが落ちやすいです。

〉〉土鍋楽天市場人気ランキング【楽天市場】

ストウブの選び方

まず形は、ご飯も炊きたいならラウンド(円形)が絶対におすすめ。熱が均一に伝わってより美味しく炊けるからです。形がきまると、後は大きさと色を選ぶのみ。大きさは2センチ刻みでかなり豊富なサイズ用意されているので、よーく考えて選びましょう。色は一番人気は黒ですが、お好きな色をどうぞ。

サイズ選びは、大まかにいうと、一人暮らしなら16㎝〜20㎝、1人暮らしでもあれこれお料理したいのならば20㎝あたり。2人以上でしっかりお料理をするのならば、18㎝はちょっと小さすぎるのでそれ以上をおススメします。これはあくまで大まかな目安です。実際は、何を作るかにもよるし、スペース等も考慮する必要があります。もっと詳しいサイズの選び方については、下の記事に載せていますのでご参照くださいm(_ _)m

サイズ選びの詳しい考え方については、以下の2記事でご確認ください^^
↓ ↓ ↓ ↓

*ストウブ16cmと18cmどちらを選ぶべきか?この大きさで出来ること*

*ストウブ20cmと22cmどちらを選ぶべきか?この大きさで出来ること*

まとめ

土鍋もストウブも、どちらも改めて本当に素晴らしいお鍋ですよね〜。
どちらも、鍋ひとつで色んな調理法ができるのも嬉しい限りです。でもしっかりお料理する人ならば、もしスペース等が許されるなら両方もっておいて使い分けるので、損はないと思いますよー。あなたのお料理のスタイルを想像しながら、土鍋、ストウブ、もしくは両方、選んでくださいね。美味しいお料理ができますように^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする