ストウブで揚げもの 蓋すると危険なのか確認しました!

「ストウブで揚げものをする時に蓋をするとカラッと揚がる」って、聞いたことありますよね?でも蓋をしてしまうのは実際コワくないですか?水滴が落ちてバンっとなってしまうのでは?・・等と。この疑問を解決するために、ストウブのメーカーと消防のプロに扱いを訊ねてみました。

ストウブでの揚げもの 蓋しても危なくないか?

Staubのストウブのお鍋といえば、調理方法が万能で、どんな食材でも魔法のように美味しくしてくれるお鍋としてよく知られていますよね。揚げものにももちろん対応しています。
この揚げものをする時にですが、「蓋をするとカラッと揚がって美味しい!」という声をネット上でよく目にします。
でも同時に、蓋をしている最中に蓋の水滴が油のなかに落ちてバンッ」と小爆発を起こして怖かった!という声もけっこうあるんですよ。それに、水滴が落ちなかったとしても、あんなに重たい蓋をしてしまうのは何だか危ないような気がしてコワい・・。という声も。私もそう感じていました。

ストウブは蓋をしていいの?そうだプロに聞こう!

けっきょく、蓋はしても大丈夫なのか?危険なのか考えても素人の私には分かりません・・。
そこで、まずは火の扱いのプロである消防局に、この質問を電話で問い合わせてみました!

さっそく、電話をかけます・・

プルルル・・・

消防士さん:「はい◯◯消防局です!」

私:「あのー、すみません。火の扱いについて教えて頂きたいことがあるんですが」

消防士さん:「はい。何でしょう?」

私:「えっと、揚げものをする時には鍋に蓋をしても大丈夫なんでしょうか・・」

消防士さん:「揚げもの?普通の鍋で?」

私:「はい。あの、普通の鍋みたいなのではなくて、もっと厚みがあって密閉状態、ではないけどそんな感じに近いやつで・・」(説明が下手!)

消防士さん:「要は、蓋をすると高温になるからそれで揚げたいってことでしょ?蓋してもいいですよ。僕らも家で揚げものする時に蓋をして2〜3分おくことはありますよ。でも、絶対にその場を離れないこと!」

私:「あ、そうなんですか・・・」(ストウブのイメージ伝わっているのか?)

消防士さん:「鍋の中に火が入るとかいう状況ではないんでしょ?」

私:「あ、はいそうです」

消防士さん:「圧力鍋とかは別ですけど、違うんでしょ?」

私:「あの、その、圧力鍋ではないんですけど、蓋だけで1kgくらいあるような重たさで、密閉みたいになるんですよ」(やっぱり上手く伝わっているのか分からず!)

消防士さん:「うん・・まあ、その場は絶対に離れないで下さいね」

私:「は、はい、分かりました」

消防士さん:「大丈夫ですか?」

私:「は、はい。ありがとうございました」(それ以上聞けず汗)

消防士さん:「はい。では気をつけて下さいね〜」

ということで、今回教えてもらった結果は、「蓋はしても大丈夫」ということでした。

ただ、ストウブといえば普通の鍋と違って無水調理もできるほどに密閉性が高いのが特徴。その特徴を上手く伝えられたか?というと、正直な感触としては、よく分かりません(^_^;)
やりとりを見ると明白ですが、私の説明が下手すぎですね💦

それでもはっきりと分かったところをまとめてみると、こうなります↓↓

・普通の鍋だと揚げものの最中にしばらく蓋をしても大丈夫!

・火が鍋のなかの油に入ってしまうと危険!

・揚げものする時には絶対にその場を離れないように!

・蓋をする意味は、油の温度を高温にするということ

この4点はよく分かりました。ではその他にはどんな情報があるのでしょうか〜?

ストウブでの揚げもの時の蓋問題 その他の情報はある?

レシピ本

ストウブを使った料理専用のレシピ本も沢山でています。そのなかでも楽天の本ランキングでランクインしていた人気本のひとつが、「ストウブで無水調理」という本ですが、そのなかでストウブでの揚げものの際に蓋をするレシピがいくつか紹介されています。しっかりとした出版社からでている本ですから、信頼性はある程度アリと考えていいはず。

メーカーの考え

ではストウブのメーカーはどう考えているのでしょうか?これ、知りたいですよね!?
こちらもすでに問い合わせしているので、回答を頂けたら概要をまたコチラでご紹介しますね!

→早速お返事をいただいけたました^^

以下、お返事の概要をまとめたものです

ストウブで蓋をしたままの揚げものは可能。ただし、以下の点に注意が必要です。

①油の温度が適温まで上がったら、火力を絞る

ストウブは蓄熱性が高いため、
油が高温になると火が入る恐れがあるので


②油の量を多めにしない


噴きこぼれる恐れがあるので


③蓋を開ける際は、熱気と水滴が油に落ちないように注意する

以上のご回答を頂きました。十分に上の3点に気をつけて扱いましょう〜!!

これで、ストウブ揚げ物フタ問題は解決したと言ってもいいのかな??と思ったけれど、

一つ、ここで疑問が。

①の「油の温度が上がったら火を絞る」これ、実際、分かりにくくないですか?

ということで、今度は油の温度管理について、調べているので、もうちょっとだけお付き合い下さい^^

(2017.12追記)

油の温度管理

日清オイリオさんのホームページを参考にさせてもらったところ、油は火に触れなくても340度〜370度になると自然発火する、との情報がありました。
そこまでの高温にならなくても、316度あたりになると、火が近くにあると引火してしまうそうです。またその前段階として、250度くらいになると煙が出ていやな臭いもしてくるとのことなので、ここまでならないように気をつけましょう!
揚げものは180度くらいまでの温度で揚げることが多いですが、蓋をするとかなり高温になります。どこまで高温になるかは条件にもよるのでしょうが、あまり大きな火で長い時間の揚げものは避けたいですよね。

(出典:日清オイリオHP)

けっきょく、ストウブでの揚げものはどうすれば良いの?

蓋をしての揚げものについては諸説ありますが、蓋なしでの揚げもでも、ストウブで美味しくできることは分かっています。
なぜなら、薄手の格安天ぷら鍋などと違って、ストウブは厚みがかなりある鋳物ホーロー製です。なので熱が伝わりやすく、油の温度も均一に保ちやすいという特徴があり、揚げものをカラッと揚げるのには適しています。

つまり、蓋をしても大丈夫か確信が持てない場合、蓋なしで揚げても上手に揚がるのでそうした方が良い。ということですね。

→【追記】その後、メーカーから扱いについて注意点を教えていただいています。
いくつか注意事項を守れば、ストウブで蓋をしての揚げもは出来るということです。
詳細は2つ上の章「メーカーの考え」をご一読くださいね!)

油の飛んだストウブの蓋、置き場はどこに?

蓋をして揚げものをすると当然、蓋裏は油まみれになりますよね。

でもその蓋、「どこに置こう!?」と迷いませんか?

そんな時、ちょいと立てる場所があれば、助かりますよねー。

ということで、ストウブ重た〜い蓋でも立てられる、おすすめの蓋たてを紹介しているので、確認してみて下さいね〜。

油の飛び散り、どうする?

蓋は無くても上手にカラッと揚げることが十分にできるのですが、蓋無しになると、油が飛び散ります!あとの掃除って、ちょっと面倒なんですよね〜。

なので、私はいつもオイルスクリーンを使っています。これ、かなり油の飛び散りを抑えることができるんですよ!調理後にスクリーンを見てみるとかなり油が散っている(というか油が滴っている状態)になっていて、これが全部まわりに散っていたかと思うと毎回ギョッとします・・・

こんなタイプのオイルスクリーンです↓ ↓

[楽天]

さいごに

ストウブでの揚げものは蓋なしでやっても美味しくできるので、心配な方はぜひそうして下さいね〜。またメーカーさんからご回答いただいたらお知らせするので、お楽しみに(^^)

→メーカー様から丁寧なご回答を頂きました。ありがとうございますm(_ _)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする