対流型ストーブとは何か?給油方法が面倒くさいの?どんな人におススメ?

「対流型ストーブ」って具体的にはどんなものなのでしょう?そしていったい、何が良いのでしょうか?また、給油方法がよく分からないとか、面倒くさいと言われることもありますが、実際はどうなんでしょう?こちらではそんな疑問を、体験談も交えて一気に解決しますよ。ストーブの購入を検討している方、ぜひチェックしてみて下さいね!

対流型ストーブとは何か?

対流型ストーブとは何か、言葉で説明するよりも、まずはどんなものか、外観を見てもらうのが一番早いと思います。楽天市場の、対流型ストーブ口コミ数ランキングを確認してみてくださいね。

対流型ストーブの楽天口コミ数ランキングはこちらで確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓
▶︎対流型ストーブ口コミ数ランキング【楽天市場】

ランキングの画像をみると分かるように、対流型ストーブとは、円すいの形状をした石油ストーブ、ですね。これに対して、「反射型ストーブ」とは、四角形で、基本的に正面に向かって熱が放射されるような形状をしています。

反射型ストーブはこんな感じ。これは人気のアラジン↓↓↓

対流型ストーブの見た目がどんなものなのはお分かりいただけたと思いますが、では機能面はどうでしょう?

「対流型」の意味

機能面での一番の特徴は、熱を発する方向にあります。上向きに主に熱を放射するので、ストーブのすぐ近くでは天井向きの気流が生まれ、逆に遠くでは上から下に向かう気流が生まれます。これによってお部屋の空気に流れ(対流)を生みます。
ですので、全体に暖かい空気をおくることができ、広いお部屋の端っこにいても、階段の上にいても暖かさを感じることができます。それに対して反射型は、反射板によって主に正面に向かって熱を放射する仕組みになっているので、近くにいるとかなり暖かいですが、対流しにくいので暖かい空気がお部屋全体には行き届きにくいのです。

対流型ストーブの特徴

一番の大きな違いは、空気の流れでしたね。
ではその他にはどんな特徴があるのでしょうか?

給油タンクが本体と一体化している

反射型のストーブの多くは、タンクを取り外して給油するタイプだと思いますが、対流型では、タンクが本体に組み込まれているので、直接本体に給油をすることになります。

対流型ストーブへの給油方法は?面倒くさい?

多くの対流型では、円すい部分の下の土台のようなところに、手でひねるタイプの蓋がついていて、そこに直接給油ポンプを差し込むことになります。(対流型コロナ給油口の写真はコチラの記事にのせています。メーターがちゃんと付いているので、どれくらい入ったが分からないのでは?という心配は不要です。

この給油方法だと、灯油タンクをストーブの近くにもっていく必要はあります。対流型のストーブは大きくて重たいものがほとんどですから、たとえば女性がストーブの方を給油タンク近くまで移動させるのはちょっと大変です。「給油が面倒くさい」と思う人もいる所以はこれが理由ではないでしょうか?
ですが、女性でかなり非力な方の私もコロナ本体を片手で持ち上げて移動できるくらいですから、男性なら問題ナシでしょう。

タンクを移動さえすれば、その後の給油作業はなんら面倒ではないです。

むしろ、給油口の位置が床に近い低い位置にあるので、給油自体はとても楽です。
ポリタンクを持ち上げて高低差をつけたりする必要は無いし、ポンプの先がビョンっと跳ねて灯油が散る心配も減ります。

もしそれでも重さが気になるのならば、対流型の中にはパワーは少なめだけれどけっこう小型のものもあるので( TOYOTOMIの小型対流型レインボーストーブ  )、その場合はストーブの方を移動させて給油することも楽にできますよ。

燃費が良くない

実は、パワーがあってかなり暖かい分、燃費は良くないんです。灯油の減りが、反射型よりも早いです。
ですが対流型を選ぶ人のなかにはそれを分かっての上でも、「とにかく暖かいから」「実際の炎があるのが素敵」「インテリアとしてもデザインが良いから」という理由で長年愛用し続ける人も、かなり多いんですよ。

おしゃれなフォルムでインテリアにこだわる方に人気が高い

対流型の特徴はそのレトロでおしゃれなデザインでもあります。お部屋におくと、ぐっとおしゃれな空間になりますからね^^これを理由に対流型を選ぶおしゃれな人もかなり多いんですよ。今、ネット通販や店頭で買える対流型のストーブは、主に3つのメーカーから出ています。
「コロナ」「トヨトミ」「アラジン」の3つです。この3つとも、デザインがけっこう良いんですよ〜。「コロナ」と「トヨトミ」はデザインもスペックもかなり似ているので、後は細かいところの好みになりますが、「アラジン」だけはちょっとデザインが飛びぬけて素晴らしくて、その分、価格も高価です。海外の映画やドラマでも結構登場しているんですよ。

私が使っている「コロナ」を写真付きレビュー記事で紹介しています。

『トヨトミ』対流型【楽天】
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストーブ 石油ストーブ 対流型 【 KS-67H 】 コンクリート造24畳 木造…
価格:19800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

『コロナ』対流型【楽天】
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スマホエントリーで店内全品P10倍!12/2 19:00〜】コロナ CORON…
価格:15800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

『アラジン』対流型【楽天】
↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スマホエントリーで店内全品P10倍!12/2 19:00〜】Aladdin ア…
価格:41800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

対流型のストーブは、こんな人におすすめ!

・とにかく暖かくて、パワーがあるストーブが欲しい!

・広いお部屋全体、またはお家全体を暖めたい

・お部屋のインテリアを損なわないストーブが欲しい!

・ストーブを囲んで、本物の炎に癒されながらくつろぎたい

これまでのところをまとめると、対流型ストーブはこんな方におすすめです。逆に、燃費を一番重視する方には対流型はおすすめ出来ません。もしあなたが、暖かさの上に、さらにおしゃれでくつろげる空間を作りたいのなら、対流型の一択ですよ!

まとめ

対流型のストーブって、最近は得に人気が出ているようですね〜。暖かさをより求める人や、おしゃれさを求める人が増えてきているということですよねー。
もし仮に暖炉なんてあれば、かなり暖かくて雰囲気も素敵でしょうけど、ちょっとそういうわけにはいかないですからねー。
暖炉ではないけれど、おしゃれなストーブを囲んでまったりと本物の炎に癒やされつつ、やかんで沸したお湯でコーヒーを飲むなんていうのも、素敵ではないですか?^^

あなたにおすすめの記事

*トヨトミとコロナの対流型ストーブの詳しいスペック、口コミを確認しよう!*

トヨトミ↓↓対流型【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストーブ 石油ストーブ 対流型 【 KS-67H 】 コンクリート造24畳 木造…
価格:19800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

コロナ↓↓対流型【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スマホエントリーで店内全品P10倍!12/2 19:00〜】コロナ CORON…
価格:15800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

アラジン↓↓対流型【楽天】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スマホエントリーで店内全品P10倍!12/2 19:00〜】Aladdin ア…
価格:41800円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする