Staubストウブ14cm16cm比較どっちにする?一人暮らしに便利な1台を選ぼう。

ストウブの鍋って、ご飯や野菜、お肉、どんな食材も特別おいしくしてくれる魔法の鍋といわれていますね。一人分だけで良いのなら、小型のサイズで十分。14cmや16cmと小型のサイズになると重量も軽くなり扱いがぐんと楽になりますよ。一人分のご飯やおかず、ラーメン、うどん等、それぞれのサイズでどれくらいの量が作れるのでしょうか?一人用サイズとはいっても、作るものやどれくらい食べるかによって必要なサイズが変わってきますよね。ここで、それぞれのサイズの大きさ感覚や、調理可能な量、そして実際にそれぞれのサイズを使用している方達の感想をみてみましょう♪

staubストウブ 14㎝ 16㎝

14㎝と16㎝、迷うところですよね〜。巷ではどんなサイズが人気なのでしょうか。20㎝以下の中小型のストウブの売れ筋をチェックしてみましょう。

20㎝以下のストウブ鍋楽天人気ランキングはこちらで確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓
20㎝以下のストウブ人気ランキング【楽天】

ラウンド14㎝ ↓ ↓ ↓

ランキングでは、20㎝以下のサイズではざっとながめたところ20㎝、18㎝、16㎝、14㎝と、大きい方から順に人気が高いようにみえますねー。一人暮らしや一人でストウブ鍋を使おうという人はどちらかというと少数派なのでしょうか。いやいやそれでも、16㎝14㎝の小型サイズもレビュー数はそれなりにありますから、一人使いしている人も沢山いるということですね!

Staubストウブは何が良いのか?

ストウブが良いというのはなんとなく分かりますが、具体的にどう良いのか確認してみましょう。

・重たい蓋と蓋裏の突起で食材の旨さを逃さない!

・ご飯が早く、おいしく炊ける!

・炊飯、煮物、揚げ物、焼き物、オーブンに入れる、オールマイティ

・無水調理ができる!

・デザインがかっこいい!

本当に素晴らしいお鍋ですよね。とても頑丈に出来ているので一生使えますよ。

では、16㎝と14㎝を比較していきましょう〜
まずはサイズから比較

16㎝ 14㎝ サイズ比較

16㎝  重さ:2.2㎏ 幅:21.5(取手含む) 深さ:7.7㎝ 高さ:12.7㎝(蓋も含む) 容量:1.2L
14cm  重さ:1.5㎏ 幅:18.0(取手含む) 深さ:8.5㎝ 高さ:12.0㎝(蓋も含む) 容量:0.8L

高さはほとんど同じで、幅に2.5㎝くらいの差がありますね。容量は0.4Lの差ですから、500mlのペットボトル1本分弱の違いです。
16㎝は、旧型のものはもう少し高さがあり、容量も1.4Lだったのですが2016年にモデルチェンジして高さが低くなり、容量も0.2L少なくなっています。
旧型では形状的に16㎝のみが他のサイズと比べてひとつだけ縦長な印象になっていたのが、新モデルでは揃ったといいうことですね。購入の際には、旧型か新型か確かめてから購入してくださいね。

ではそれぞれ、どれくらいのものが調理できるのか具体的にみてみましょう

炊飯できるお米の量を比較

16㎝ 適当な量 1.5合 限界の量 2.0合程度
14㎝ 適当な量 1.0合 限界の量 1.1合程度

まずはお米!ストウブで炊飯しておいしいご飯を食べたい!という方も多いと思います。
お米を1合に対してお水180mlで炊けるので、お鍋の容量に対してどれくらい炊けるのか本来は計算ができるのですが、16cmと14cmに関しては小型なので通常サイズの鍋とは炊きあがりが違うだろうと思われます。ですので実際の使用レビューを多数確認し、それを元に平均的な数値を出しました。「限界の量」は、少し吹きこぼれるけど許容範囲内、というイメージです。
これらをお茶碗に何膳分にあたるのか計算してみましょう。お茶碗に1杯は、0.4合だといわれています。「適当な量」で炊くと、16㎝はお茶碗に3.7杯分14㎝は2.5杯分ですね。14㎝でも女性の普通量程度なら2食分、ちょっと大食いの男性でも1食分としては間に合う量ですね。
両サイズとも、炊飯に関していえば一人暮らしにはぴったりのサイズです。

調理できるラーメンの量を比較

ミニサイズなら一人ラーメンや一人うどんにも使いたくなります。鍋の8分目までスープと麺が入るとして、計算してみました。8分目までの容量は、16㎝が0.96L、14㎝が0.64Lです。
インスタントラーメンは、500mlのお湯で作る場合がほとんどですね。麺や具材を入れて、最終的には700〜800mlつまり0.7〜0.8Lまで増えます。16㎝だと8分目より下に収まるのでセーフですね。14㎝だと、8分目を越えて縁のギリギリのところまできてしまいます。具の量によって、どうにか収まるか!?といった感じですね〜。インスタントラーメンの四角形の乾麺は割らないとそのまま入らないものも出てきそうですね。

16㎝: 具が多くても余裕あり。
14㎝:   ギリギリ、具が多ければけっこうキツイ!

作れる容量はだいたいこんな感じです。
実際に使っている人は、どんな使い方をしているのでしょう?実際購入して使用している方達の口コミ感想をまとめたのでチェックしてみてくださいね。

購入者の口コミまとめ

16㎝を使っている人の口コミ

・二人分の野菜を蒸したりするのに重宝しています
・一人暮らしで副菜を作るのにぴったりサイズです
・一人鍋を楽しんでいます
・三人分の味噌汁をつくっています

14㎝を使っている人の口コミ

・一人暮らしで毎回食べきりサイズを作るのにちょうど良いです
・お弁当用の少量の煮物にちょうど良いです
・パンやケーキがキレイに焼けます
・夫婦ふたり分のお味噌汁、二人分のご飯をたくのにちょうど良いです
・二人分の具沢山のお味噌汁をつくるにはちょっと小さいかな〜
・オーブンやグリルに入るので使いやすいです

16㎝だと、二人分の副菜かスープ作りにも使えるようですね。これが二人分のメイン料理となるとちょっとキツめということでしょう。一人暮らしで、料理によって余分に1食分〜3食分くらいを作りたい人にも向いていますが、余裕をもってメイン料理を作れば、一人分の食べきりサイズにもなりますね。一人でも塊肉の煮込みやカレーなどしっかりとお料理したい方や、時には二人分を作りたい方には大きめに16㎝以上が良いですね。それだと18㎝も検討して良いくらいだと思います。

*18cmのサイズ感等はコチラの記事をチェックしてください*

14cmだと、一人分のメイン食べきりのサイズですね〜。それか少量の二人分の副菜ができるくらい。一人分のちょっとしたものを作るだけならこれで十分のようですね。ただ一人分でも、しっかりとお料理したい場合には、料理によっては混ぜにくくて崩れてしまうこともあるでしょうから、その場合には16㎝にしておいた方が良さそうですね。

大きさのサイズ感

14㎝:ゆで卵が4つできる
16㎝:卵が5つ底に入る、りんごが丸まま一個入る

まとめ

購入したらどんなお料理を何人分作りたいかを想像して、サイズを選んでくださいね。もし一人暮らしで、ある程度しっかりお料理をするつもりで、かつ全ての調理をストウブ1つでしようと思っている方は、16㎝かそれ以上の大きさをオススメします。他にもどんなお鍋をもっているかも考えて選んでみてくださいね。大きさが想像しにくければ、手持ちのお鍋を測ってイメージしてみてください。ストウブはず〜っと使える鍋ですから、良いお買い物になると思います。大切にお手入れしてあげてくださいね^^

*ストウブ鍋の魅力をもっと知りたい方はこちら『ストウブの良さ徹底解説』の記事へ*

ストウブ16㎝ ↓ ↓ ↓

あなたへはコチラの記事もおすすめ

一人暮らしにちょうどいいサイズ!あれば良いモノ便利なモノまとめ【キッチン用品】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする