一人暮らしベッド 小さめサイズで女性にぴったりな邪魔にならないのはコレ!

一人暮らしのお部屋に置いても邪魔にならないサイズの小さめコンパクトなベッド、あればいいですよね〜。ワンルームだと置き場に困ります!女性で、小さいベッドでもいいのでお部屋を広く使いたい!という方もいるのでは?ここでは、そんな希望にぴったりの、シングルよりも小さめサイズの女性向けベッドをご紹介します。お部屋を広く使いたい方、おしゃれなベッドを探している方、チェックしてくださいね〜。

一人暮らしの女性むけ小さなベッド

一人暮らしで自分だけのお部屋の家具を選ぶのって、ワクワクしますよね^^
ワンルームや小さなお部屋でも、できるだけ広く使って居心地の良い空間を作りたいですよね♪
でもそんな場合にドーンと存在感を放って場所を占拠してしまうのが、ベッド。

でも実は、そもそも小柄な女性には通常サイズのシングルベッドって、必要ないんですよね!
考えてみれば、体格の大きめな男性でもシングルベッドに十分に眠れています。小柄な女性は、体格の分ベッドのサイズを小さくしても問題がないはず!
ベッドを小さくして、その分お部屋を広く使えばいいんです!これって、小柄な女性の特権みたなものですね^^
10cm〜20cmくらいサイズを節約できると、格段に圧迫感が違いますよ〜。

ちなみに、楽天市場では、どんな小さめサイズのベッドがあるのでしょうか?どんなものがあるのか、ちょっとランキングで見てみましょう〜。

▼▼▼
»»【楽天】SS小さいサイズのベッド 売れ筋人気ランキング

ベッドの選び方って?

ベッドで一番重要なのは、「寝心地」です。
いくらおしゃれで外見が良いベッドでも、寝ていて腰が痛くなったり、すぐにへたってきてしまう物は避けたいですよね!
そこでチェックするべき点は、おおきく2つ。

一つは、中のスプリングの種類。
もう一つは、スプリングの密度です。

ひとつづつ説明します。

スプリングの種類

これは「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」と呼ばれるものの2種類があります。
「ボンネルコイル」はスプリングが横方向にも連結されているので、面で体重を支えるのに対し、「ポケットコイル」は一つづつのスプリングが単体で体重を支えるので、点で支えられることになります。
使用感は、「ボンネルコイル」の方がやや硬め。「ポケットコイル」の方が体の曲線に合わせて沈み込むので柔らかい印象です。どちらが良いというよりは、好みですね。例えば腰痛持ちの方は柔らかいよりも硬めの方が腰に負担が少ないですよ。

スプリングの密度

これはスプリングの数が多く密度が高い方が耐久性が高く、体重もしっかりと支えてくれる、上質なベッドといえます。密度以外にも、体重を支えるコイルの巻き方の工夫や、へたらないような構造の工夫がされているものは良いですよ!

ベッドを選び時には、以上の点をよく見て下さいね!
くれぐれも、安価すぎるものは中のスプリング構造などもやはりそれなりですので、睡眠を大切にしたい方、長く使いたい方はあまり安価なものを選ばないように気をつけましょう。

さて、では選び方のコツが分かったところで、本題の女性向けの小さくておしゃれなベッドをご紹介します。
なかなか普通には売ってないので要チェックですよ^^
さっそく、見ていきましょう〜!

おすすめするのが、コチラのベッド!
▼▼▼


↑↑↑このリンクの写真のベッドが、こちらでおすすめするものです。
このサイズ感、分かりますか〜?女性の体格がすっぽりと収まるサイズ感で、通常のシングルベッドと比較すると小さいですよね!

コンパクトマットレスベッドのおすすめポイント

でも、このベッドのおすすめ出来る点って、どんなところがあるのでしょうか?順番に紹介していきますね!

女性に丁度よい小さめなサイズ感

ポイントはなんといってもこのサイズですね!
通常のシングルベッドは、だいたい長さが195cmなのに対して、こちらは180cm。15cm短くなっています。
男性でも195cmに余裕で寝られることを考えると、180cmあれば身長160cm以下の女性には十分です。
この差15cmで、ベッド自体の存在感や圧迫感が大きく変わります。また、お部屋にあてはめて考えてみても結構な差なんですよ。広いお部屋ならばともかく、狭ければせまいほど、15cmの余裕は大きく感じますよ。

ベッドにぴったりな大きさの敷きパッドとシーツ2枚がついてくる!

小さめサイズのベッドに合うリネンを探さなくとも、最初から敷きパッドと、ベッドをすっぽり包み込むボックスシーツが2枚もついてくるので、購入してすぐに使えます!
これって、実は何気にすごく助かるんですよ!!
家具類を揃えおわって「ヨシっ!」と思っていると、追加でリネン類に結構お金がかかるし、合うものを探すのが大変だった!というのが私自身の経験です。一人暮らしの引っ越し経験者の方のなかにはコレが分かる方も多いのでは〜?
ちなみにパッドもシーツも、色は5色から選べます。

寝心地をしっかり考えた安心のコイル構造

ベッドの中身も安心ですよ。寝心地をしっかりと考えられています。「ISO認定取得工場」で生産されているから、安かろう悪かろうの安価なタイプとは違います(ボンネルコイル,ポケットコイルマットレス)。
上で説明した、2つのコイルのタイプ、「ボンネルコイル」「ポケットコイル」タイプ、どちらかお好みで選べるようになっているんですよ。どちらも、密度高く多数のコイルでしっかりと体重を支える構造になっています。
コイルは巻き数が多いものが使われていたり、コイルのカバーには3種類のフェルトやウレタンが使われ心地よさに配慮されていたりと、他にも見えない配慮が多くあり、安心です。詳細はコチラで確認して下さいね。→→一人暮らしに最適!【一人暮らしインテリア.com】

脚の高さ3タイプ×横幅2タイプ×コイル3タイプ=18タイプから予算と好みで選べる!

この3つの組み合わせによって、価格が違ってきます。だからあなたの予算やお好みに合わせて18ものタイプから選ぶことが出来るんですよ。コイルの種類は上にも書いた通りですが、その他の脚と幅については下に説明しますね。

脚の高さは3タイプあり

お部屋をなるべく広く使うためにベッド下に収納をしたい派の人、収納は別でしてベッドはなるべく低くしてお部屋をとにかくスッキリと見せたい派の人。どちらの考えもアリですよね。
こちらのベッドは、脚の長さが、15cm、22cm、30cmと3タイプから選べるので、好みに合わせてお好きにチョイスできますよ。

横幅は「シングル」「セミシングル」から

実は横幅も2タイプあって、より大きい方の「セミシングル」が100cm、より小さい方「シングル」が85cmとなっています。

まとめ

あなたの一人暮らしのお部屋に、小さめのベッドはフィットしそうですか〜?ベッドを置いた様子を想像してみて下さいね!

眠る時間、お部屋でホッとする時間って、特に女性にはとても大切ですよね。

ぜひ少しでも居心地がよいお部屋をつくって、生活を豊かにしてくださいね^^

詳細&購入はこちらからどうぞ

▼▼▼


他のベッドをもっと見てみたい方はコチラの楽天市場ランキングからどうぞ

▼▼▼

»»【楽天】SS小さいサイズのベッド 売れ筋人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする