関空の運行状況リポート。利用予定の人は施設状況を確認どうぞ。

2018年9月4日の台風21号による大雨により、麻痺状態にある関西国際空港の状況を写真付きでお伝えします。
筆者自身、台風被害後の9月8日と9日、12日に3回、関空を利用したので、その際の情報を利用者目線で写真付きでお伝えします。微力ですが、関空を利用予定の方は参考にされてくださいね。

関空の状況レポート。台風21号の空港への被害は?

この記事を書いているのが、2018年9月13日の夜です。

私が関空を利用した、9月8日、9月9日、9月12日の3日間の状況について、

この3日間の関空内の施設、混み具合、移動の待ち時間などの状況をレポートします。

9月8日 乗る便が欠航か運行か、確認した方法

9月8日は、第二ターミナルのLCC機がようやく少しづつ飛び始めたばかりのタイミング。

私が利用したのも、国内線のLCCで、第二ターミナルを拠点にしていたので、なんとか飛んでくれました。

どうしても地方から大阪へ行かなければならなかったので、関空ではなく伊丹空港行きを選択すれば良かったと後悔しつつ、当日飛ぶかどうか、ずっとウォッチしていなければならないのは結構ストレスでしたね。

私が利用したのはピーチアビエーション。

で、ピーチのHPに記載される「欠航便」を当日までずっと追っていたのですが、これは欠航が決定した便のみしか記載されておらず、飛ぶことが決まった便に関しては何のお知らせもされなかったので、飛ぶのか飛ばないのか、はっきり分からない状態でした。

で、後で気づいたのが、関空の公式HP。

これなら、飛ぶ便の一覧が出ているので間違いなく確認ができます。

最初からコレを見ておけば良かった〜!ということで気づかない自分の責任ですが、航空会社にももう少し丁寧に情報を出して欲しいと思いますね。。

この関空のHPの上部に、日にちごとに「フライト情報」が載っています。

↓↓↓↓関空の公式HP

https://www.kansai-airport.or.jp/

9月8日 ターミナル2の状況

予定の時刻通りに出発し、予定通りに関空の第二ターミナルに夜到着しました。

利用者は全然おらず、ターミナル内はこの通り・・・。

ガラガラの半休業状態。

2、3店舗入っているレストランやカフェも閉まっていて、お土産やさんとセブンイレブンは営業している状態。

↓↓↓↓↓↓

私が搭乗していた便以外にはこの時間帯は発着便がなかったようで、本当に人がいない。

で、関空からこの後陸へ移動する手段が、問題。

関空内から陸地への脱出経路

関空と大阪本土を結ぶ唯一の橋にタンカーが衝突して壊れてしまい、鉄道は運転見合わせ状態が続き、道路は片道通行でものすごく混んでいるという情報を事前にニュースで得ていました。

関空到着後の移動先は神戸付近だったので、「ベイシャトル」なら混雑に関係なく時間通りに動いてくれるのでは?と期待して、これを事前予約していました。

「ベイシャトル」は台風当日には関空に閉じ込められた多くの人を陸へ運んだ船ですね。

第二ターミナルに到着後、一直線にこの「ベイシャトル」のチケット売り場を探すと、ターミナル内のシャッターがズラリと降りた多くの窓口の前に、「ベイシャトル」の簡易売り場を発見。長机をだしてスタッフさんが1人で手売りをしていました。

チケットを購入して、親切にもターミナル出口まで案内して下さり、そこから歩いて2分程度の乗り場まで向かいます。

この時にも、ベイシャトルの別のスタッフさんのマンツーマン誘導つき。

空港利用者が少ないのに対してスタッフの方は何名かいらっしゃるので、空港内、どこへ行ってもこのようなマンツーマンの親切なおもてなし状態でした・・。

で、ベイシャトルのお客さんはというと・・・5人!!

100人超は余裕で乗れるだろうという大きな船に、たった5人が乗って出発です。

ここまでくると、これはさすがに寂しくなってくる光景でしたね・・・

まあ、なんにせよ無事に時間通り、予定通りにLCCに乗って関空へ到着し、乗り換えて神戸に入ることができました。

ベイシャトルは、ネットからも予約ができるので、心配な方はこちらで予約をしてから出発しましょう。↓↓↓↓↓

https://www.kobe-access.jp/reserve

9月9日 関空の状況

この日は、関空から発で国際線に乗る予定。

昨日と同じく神戸方面から、ベイシャトルで関空の第二ターミナルへ直接へ入りましたが、特に問題なく、時間通りにスムーズに行きました。

ベイシャトルのお客さんは、相変わらず5人程度。

予約をしていましたが、実際は特に必要がなかったみたいです。

この人は、少しずつ欠航便が減り飛べる便が増えてきている状況でした。

そのせいか、第二ターミナル内は昨日よりも少し利用客が多く、海外から到着したと見られる外国人の方達も結構みかけました。

が、

国際線の搭乗前に通る、保安検査場、出国審査場、どちらも私1人だけ。

完全に貸切状態。

自分以外誰もいない保安検査場、なんか映画のセットに迷い込んだような、変な感覚でしたね。

で、実際に登場してみると、機内もかなりお客さんが少なく、私の前後後左右の席は空席でした。

全席の3割くらいしか、埋まっていないんじゃないかな、という感じでしたね。

おそらく、各地から関空に入ることが出来ずに搭乗キャンセルした方も多かったのではないでしょうか。

9月12日 ターミナル1閉鎖、関空の状況

さて帰国の途につく12日、今度もまたターミナル2への到着です。

到着時刻は早朝。

この日の時点でまだ、第1ターミナルが閉鎖状態。

本来なら、国内線への乗り継ぎまでの時間、ターミナル1にあるラウンジでゆっくり休んだりシャワーを浴びて仮眠をする予定でしたが、それは叶わず。

乗り継ぎ時間が、なんと今回は10時間超あったんですよね。

どうしたものかと思いながら第2ターミナルに到着してみると、出発時よりもだいぶ人が増えていました!

動いている便も増え、ジェットスターと春秋航空のチェックインカウンターには沢山の人の姿が!

空港が活気を取り戻したようでした。

先日は閉まっていたレストランとカフェも、この日はオープン。

さて、問題の10時間の間、どこで過ごすか、です。

この問題、困る人も結構いると思います。

第二ターミナルは人が増えていて、静かに過ごせる状態ではなくなっていましたので、とりあえずエアロプラザへ移動することに。

エアロプラザとは、空港内の施設で第1ターミナルのすぐそばに建つ、飲食店やコンビニ、ホテル日航などのお店が入るビルのことです。

移動は、無料のバスが第二ターミナルのすぐ前から出ていて、これは通常通り15分も待てばバスが来てくれました。

エアロプラザは、第一ターミナルから歩いて3分ほどの距離にあり、橋で繋がっています。

その第一ターミナルが閉鎖状態だからだと思いますが、こちらはガラガラ状態。

↓↓↓↓↓

朝の時点では、人はたまーに見かける程度、ローソンも閉まっています。

が、そんな中でも空いているお店はあり、それが以下の通り。

↓↓↓↓↓

こんな時に開けてくれていることにじわっと感動。

バーガーキングへ直行し、これまた貸切状態の店内で過ごさせてもらいました。

で、誰もいないロビーのベンチで横になったりとゴロゴロしていると、昼頃には空港スタッフの方達がバーガーキングへ集まってきて、ちょっと活気付いてきていました。

その間に、空港内の状況を確認すべく、ウロウロ。

エアロプラザから第1ターミナルへ徒歩で移動する途中にあるのが、南海電車とJRの駅。

本来なら、ここから空港を脱出し、電車で大阪市内まで出られます。

ですが、この日は完全にシャッターが閉まっています。

この場所にある外貨両替所も、同じくシャッターが降りていて利用できません。

↓↓↓↓↓

駅をスルーしてそのまま第1ターミナルへと続く道には、植物が植えられているのですが、水をあげられないからか、茶色く枯れてしまっている箇所が目立ちます。かわいそうに・・。

↓↓↓↓↓

第1ターミナルは、完全に「閉鎖状態」。

立ち入りは一切できなくなっています。

中では作業服をきた方達が、数人作業をしているのが見えました。

↓↓↓↓↓

関空はこれまでにも私自身何度も利用しているので、こんなもダメージを受けてしまった光景を目の当たりにすると、改めて寂しくなりましたね。

気を取り直して、リサーチします。

大切なのは、関空から各地域への出入り。

電車が止まってしまい、タクシーは使用禁止らしく、移動はバスに限られます。

各地域から関空へ直接乗り入れる直通バスが何本もあるのですが、これらは一部運休しているのみで、動いている路線に関しては、大きな遅れはないと、スタッフの方に教えてもらいました。

ちなみに、大阪駅から関空までの路線は、通常運行しているとのこと。

また、りんくうタウンまでの直通バスも動いているので、りんくうタウンまで来られれば、そこから関空に入ることは可能です。

逆に空港内からりんくうタウンへ向かうバスは、第1ターミナル前発も、第2ターミナル前発も動いていました。

乗り場がだけがちょっと違っていて、第1ターミナルの乗り場は、第1ターミナル正面に向かって立つと、右方向です。

目立つところに、表示が出ているので、1階(地上)バス乗り場へ行けばわかるはずです。

↓↓↓↓↓

1階の、ターミナルへ向かって右方向へずーっと歩いていけば、突き当たりにバス乗り場があります。

↓↓↓↓↓

チケットは、歩いて乗り場へ向かう途中にある、「D」の売り場で買うことができます。

各バス乗り場のチケット売り場はほぼシャッターが下りていて、各チケットは全てこの「D」で買うことができる状態になっていました。

↓↓↓↓↓

というところでしょうか。

まとめ

  • 第1ターミナルは立ち入りさえ出来ず閉鎖状態、その下の地上にあるバス乗り場は動いているが、一部路線では休止状態。
  • 大阪空港からのバスは通常運転。
  • 空港への市内からの出入りは、タクシーは禁止、電車は止まっているのでバスのみ。
  • 神戸空港からの出入りは、「ベイシャトル」が予定通りに運行していて、かなり空いている状態。
  • 第2ターミナル自体は、最低限は機能していてショップも空いている(コンビニは24ではなく21時までという話も聞きました)。
  • 「イモトのWiFi」カウンターも営業してましたよ!)。
  • エアロプラザは、一部店舗のみ営業中。

以上、9月12日時点でのリポートでした。

多少の参考にでもなれば、幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする