ダイソンのドライヤー購入はどこで?公式直販と楽天と電気屋を比較しました!

みなさんは、電化製品を買うとき、どこで買いますか?

ダイソンのドライヤーのようにちょっと高価なお買い物は、信頼できるところからちゃんと買いたいですよね。

ちゃんとしている、というと直販店?や公式?でも一体何がメリットなの?それとも電気屋さんがいいのかしら。と分からないこと多いですよね〜。

今回は、ダイソンのドライヤーの購入を考えている方は必見!公式直販店通販店舗販売での価格特典保証などを比較して、どこで買うのが一番いいのかご紹介します!

ダイソンのドライヤーどこで買う?

私は、いつも電化製品は直接商品を手に取ることのできる、店舗で購入することが多いです。しかし依然、少し高い電化製品を公式の直販から購入したことがありました。

やはり、店舗まで出かけなくてもよい楽さはありましたし、アフターサービスがしっかりしているという実感もありました。

普段は、店舗でしか買わないという人も、通販を使う手もある、ということに気づいて、自分のニーズに合わせて購入場所を選ぶのがいいと思います。

ダイソンのドライヤー購入場所の比較

それでは本題です。ダイソンのドライヤーはどこで買うのが一番いいのでしょうか。今回は、価格、特典、アフターサービスの3つの項目に着目して、店舗販売(ヨドバシカメラ、ビックカメラ)、通販(公式、楽天)の4つの購入場所を比較していきます。

価格

公式の直販店では、本体に付属品(スムージングノズル、スタイリングコンセントレーター、ディフューザー、収納ストラップ、滑り止めマット)がついて、48,600円で現在販売されています。

ヨドバシカメラも同様に48,600円と、直販店で買うのと値段は変わりません。

楽天の通販では、販売している出どころによって値段が大きく変わります。一番高いものは、直販店と買うのと同じ48,600円。安いものでは、45,000を切るものもあります。最も多いのは、公式で買うより千円ほど安い、47,000円の価格帯です。

楽天で販売中のダイソンドライヤー一覧▶︎▶︎ダイソンヘアドライヤー【楽天】

ビックカメラは、一律45,000円です。安定して安い。

家にいながら購入することのできる通販は便利ですが、嫌なのは送料ですよね。楽天の通販はほとんどが送料無料ですが、中には決まった金額を購入しないと送料がかかってしまうものもあります。一方でダイソン公式オンラインストアは送料無料です。

特典

どこで購入しても、スムージングノズル、スタイリングコンセントレーター、ディフューザー、収納ストラップ、滑り止めマットの5つの付属品がついてきます。

ただ、公式の直販で購入すると、これに加えてさらに収入スタンドが無料でプレゼントされちゃうんです!
ドライヤーってコードが邪魔で収納するのって意外と面倒ですよね。でも、このスタンドはただドライヤーを立てかけるだけでスッキリ収納できてしまいます。色もシルバーで本体とぴったりです。

さらにさらに、直販で購入するとき、2色の限定モデルがあるんです。ブラックは、直販と百貨店限定ですが、パープルが購入できるのは、直販だけです。

どちらもクールな色合いで、飽きずに長く使えます。

これがダイソン公式オンラインストア等直販限定色のパープル!!▼▼

アフターサービス

やはり安くない買い物。長期間問題なく使えたら嬉しいですよね。

そう考えているならきちんと確認をしてほしいのがアフターサービスのことです。

ここでは、保証と返品、サポートの3つに注目をしてみましょう。

まずは保証です。直販で購入すると、メーカー保障2年がつきます。この保障には、商品を修理代、部品代、修理するときにかかる送料などがすべて含まれています。

ヨドバシカメラで購入する場合も、同様のメーカー保証がつきます。

ビックカメラの場合は、保証についてはよくわかりませんでした。ただし、いくらか余分にお金を出すことで、5年間の長期保証をつけることができるようです。

楽天の場合は出どころによってついていたり、ついていなかったりします。

返品できるのはどこ?

公式の直販とヨドバシカメラでは、未使用·未開封の場合のみ、30日間返品が可能です。買ってから、やっぱりやめればよかった、と思うことって意外と多いので、ありがたい制度ですね。

ビックカメラの場合は、未開封·未使用の状態のものは8日間返品が可能です。

楽天の場合は、保証と同様、出どころによって返品の制度が異なります。確認するには、それぞれの店舗のサイトに飛んで確認する必要があります。

サポートはちゃんとついてるの?

楽天の場合は、出品している店舗のサイトからお問い合わせをする形になります。ヨドバシカメラと、ビックカメラは、一度それぞれにお問い合わせをします。それぞれの店舗で対応できる場合は、購入店舗に本物を持っていき、修理や交換をしてもらいます。ただ、メーカーに確認しないと分からない場合は、確認してもらえるか、お問合せ番号を渡されて改めて自分で電話をすることになります。

その点、やはり直販は仲介業者を間に挟まない分、かなりスッキリしています。分からないから、本家に確認する、という二度手間はありません。



ダイソン公式オンラインストア

ダイソンのドライヤー、ここで買うのがおすすめ!

少しでも安いものを購入したいという人は、ビックカメラや楽天の通販から購入することがおすすめです。

ただし、アフターサービスが充実しているのは、公式の直販とヨドバシカメラということができるでしょう。ドライヤーは毎日、家族みんなで使用するものです。使う機会が多いからこそアフターサービスのしっかりしているものを選ぶことは重要です。

さらに、直販には、他にはないモデルの販売や、スタンドのプレゼントなど、嬉しい特典がたくさんあります。こだわりの色や、本体をスマートに収入することのできるスタンドは、ドライヤーをただの電化製品ではなく、インテリアとしてワンランクアップさせてくれます。

まとめ

店舗(ヨドバシカメラ、ビックカメラ)と通販(公式、楽天)の4つのダイソンのドライヤーの購入場所を比較してみました!

どれもメリットとデメリットがあり、皆さんのニーズによって、いい、悪いは大きく変わると思います。

ただし、毎日、家族みんなで使うちょっと高いお買い物。ダイソンのドライヤーはそういう商品だからこそ、総合的に見てちょくはんから買うことを個人的におすすめします。



ダイソン公式オンラインストア

楽天で販売されているダイソンのドライヤーが一覧で確認できます
▶︎▶︎ダイソンヘアドライヤー【楽天】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする