ふるさと納税は楽天でいつからいつまで申請手続きできる?お得なタイミングは?

ふるさと納税をみなさんは利用したことがありますか?

税金控除申請の期限など、正直いつからいつまでにやればいいのかわからない、という人も意外と多いのではないでしょうか。

年末が近づいてきた今回は、楽天を通じてふるさと納税を行う場合の申請手続きの期限や、寄付をするタイミングとそのポイント、仕組みまで疑問を徹底的に解決していきます。

これを読めば、年内にいつ何をすればいいのか丸わかりです!

また、とてもおすすめの返礼品も紹介いたします^^

楽天でふるさと納税できる時期はいつからいつまで?

ふるさと納税を楽天でするべき時期は?

結論から言います。

楽天でふるさと納税できる時期は、11日から1231日までです!

つまり、年がら年中、楽天を使ってふるさと納税をすることができます。

「じゃあ、今じゃなくてもいいか~」と思ったあなた!

ふるさと納税のポイントは「計画的な寄付と税金控除手続き」です。

なんだかとっても難しそうですが、そんなことはありません。

詳しく説明していきます。

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税は、各自治体を寄付で応援することで税金の還付や控除を受けることができる制度です。

多くの自治体は、ふるさと納税の寄附金の使い道を指定できるようにしているので、皆さんが納得する形で寄付金を利用してもらえます。

さらに肉、魚介類、野菜をはじめ、工芸品など全国各地の自慢の逸品などがお礼の品でもらえるという、自治体も寄付した人もハッピーになる仕組みです。

税金控除の仕組み

ふるさと納税を上手に活用すれば60,000円の寄附をして、58,000円の控除」というように、実質2,000円の負担で、お礼の品を受け取ることができます。

しかし控除が受けられる限度額が決まっており、控除上限額は年収や家族構成から算出されます。

控除上限額の確認は楽天のかんたんシミュレーターを利用すると大体の目安を知ることができますよ!

https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/?l-id=furusato_pc_cal_con01_37&l-id=furusato_pc_cal_con01_37 (かんたんシミュレーター)

限度額は、「前年」ではなく「今年」の所得により決まります。そのため、ふるさと納税の正確な限度額は、今年1年が終わらないと計算することができません。

前年と今年で所得がそれほど変わらないのであれば、前年の所得をもとにして限度額を試算したうえで、少し余裕をもって寄付をしておくのがおすすめです。

その一方で、自営業者など所得の額が年によって大きく異なるのであれば、ある程度年末に近づかなければ限度額の推定をすることは難しいでしょう。そのため無理をして年始から多額の寄付を行うと、限度額を超えてしまう、なんてことになってしまうかも。

確定申告とワンストップ特例制度

税金控除を受けるためには、上限額を守るだけでなく、控除申請をする必要があります。

申請方法には「確定申告」と「ワンストップ特例制度」の2種類があります。

確定申告は、年に1回、216日~315日の間に申請を行います。

一方、ワンストップ特例制度は、確定申告を行う必要がなく、寄付をするたびに必要書類を提出します。申請書類は1月10日に各自治体必着です。

そのため、年末ぎりぎりに寄付を行うと、ワンストップ特例制度の場合は、書類提出に間に合わないなんてことになりかねません。

それぞれにメリット、デメリット、利用できる条件があるので、しっかり確認をして自分に合った申請方法を選びましょう。

https://event.rakuten.co.jp/furusato/guide/2015rule.html?l-id=furusato_pc_cal_con01_38&l-id=furusato_pc_cal_con01_38(税金控除の手続きガイド)

寄付するタイミングとポイント

前の章で説明したように、税金控除上限額や控除申請の手続きが必要なので、ふるさと納税は計画的に行う必要があります。

次の4つのポイントを参考にふるさと納税を行ってみてくださいね!

  • ポイント① 税金控除上限額を知って寄付するタイミングを知る
  • ポイント② 控除申請の提出期限に余裕をもって寄付を行う
  • ポイント③ 寄付は定期的に行う

まとめて寄付を行うと、返礼品も同じタイミングで届く可能性があります。食品が無駄になってしまうことも

  • ポイント④ 年末の寄付は避ける

駆け込みで年末に寄付を行う人はかなり多い!返礼品の品切れや、サイトにアクセスできないこともあるので早めに寄付を行いましょう。

ふるさと納税は楽天でいつするのがお得なの?

実質2,000円で、地域に貢献ができて、しかも御礼の品がもらえてしまうなんてすっごくお得!

でも楽天を通じて寄付をすることでさらにお得にふるさと納税ができてしまうんです。

それは楽天会員限定の楽天スーパーポイントの付与!

貯まったポイントは身近なお店や通販サイトで利用することができます。

またそのポイントを使って再びふるさと納税をすることもできちゃうんです!

ポイントをより多く獲得したいなら、SALEやスーパーSALE、5のつく日を狙うのがおすすめ。

例えば3万円の返礼品を選んで、ポイント5倍キャンペーンならば1500円分のポイントが付きます。

SALEはその時々で内容が変わるので、随時チェックしてみてくださいね。

ふるさと納税でおすすめのものは?

ふるさと納税のポイントは自分の出身地域ではなくても、寄付を行えるところ!

たくさんある返礼品の中から気になるものを見つけましょう!

その中でも私のおすすめをご紹介します!

【岐阜県八百津町】山ちゃんの『甘酒』6本セット

まずは私の出身地域の宣伝からさせていただきます()

私の生まれ育った町、岐阜県の八百津町はとにかく自然豊か!

そこでお米農家を営む山ちゃんは、実は私の友人のお父さんです^^

山ちゃんのお米から作られる甘酒は、余分なものを一切入れない体に優しい甘酒です。

お砂糖も入っていないので、とてもやさしい甘さがします。

お正月にもぴったりの甘酒をチョイスしてぜひ八百津町を応援してください!

【宮崎県都農町】☆大容量☆国内産豚ウデ肉·豚モモ肉スライスセット

肉!にく!ニク!

とにかく大ボリュームの豚ウデ肉·豚モモ肉スライスセットです。

その量、なんと4.9キロ。

楽天のふるさと納税賞で大賞を2度も獲得している人気の返礼品です。

10パックに分かれているので、量が多くても保存しやすいのが嬉しいですね。

【静岡県焼津市】マルワ特選特大カキ約3キロ!

お肉が来たらお次は海鮮ですよね!

届くカキの大きさに驚くこと間違いなし。口コミでも評価がとても高く、リピーターも多い返礼品です。

こちらも1キロずつに小分けされているので、ここぞという時に取っておくのもありですね!

カキは販売期間が決まっているので、寄付をするなら絶対に今!!

【神奈川県小田原】ヒルトン小田原忍者 宿泊プラン忍務を達成せよ!<忍者修行体験、グッズ、朝食付き>

返礼品は食べ物だけじゃない!というのが、ふるさと納税の面白いところ。

このリンクの画像、面白くないですか(笑)。

中には、ヒルトンに宿泊して、忍者体験ができてしまうという体験型の返礼品もあります。

これなら家族みんなで楽しめそうですよね!

体験型の返礼品は、すこし高額な場合もありますが、それ以上の価値を得られるはず!

寄付をするだけでなく、実際にその土地を訪れることで、よりその地域を好きになれますよ。

まとめ

楽天を通じたふるさと納税の申請期限や仕組みについてご紹介してきました!

税金控除など分かりにくい、と思っていた方もぜひ参考にしてふるさと納税に参加していただきたいと思います。

日本各地の地域を応援できて、自分までお礼の品をいただけちゃう、どちらもハッピーになれるふるさと納税を利用して、日本を活気づけていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする