ストレッチハーツ売切れなら類似効果のウェーブストレッチリングはどう?

保坂尚希さんの監修で注目のストレッチハーツ、その効果がスゴイと口コミでも評判です!でも人気があまりに高すぎて、2018年2月現在、公式ショップをはじめ各お店はどこも完全に品切れ状態で入手ができないんです・・。でも実は「ウェーブストレッチリング」という人気の器具で類似の効果+αが得られるんですよ〜。肩甲骨まわりのコリや腰痛、ほぐしなどがしたい方にはコチラも十二分におすすめですよ!コチラではウェーブストレッチリングがどんな物か、使い方や効果も一緒にお伝えします。

ウェーブストレッチリングとは?

↑ ↑ ↑
こちらが「ウェーブストレッチリング」です。

ストレッチハーツをご存知の方なら分かると思いますが、プラスチックの輪っか状のフォルムが似ていますよね!
ウェーブストレッチリングは、カーヴィーダンスで有名なトレーナーの樫木裕実さんはじめ、多くのアスリートや有名人が愛用していることでも知られています。
効果や使い方は、この2つは類似している部分も大きいんですよ。

ストレッチハーツの現在の在庫状況はこちらの公式HPからご確認ください。

ウェーブストレッチリング ってどんなもの?

人間工学にも基づいて設計された波のような形状の輪っか状のトレーニング器具が、ウェーブストレッチリングです。骨盤を上から見たのと同じ形状をしていて、運動力学的にも大変よく計算されているものなんですよ。
また、メビウスの輪にも見られるように、ウェーブストレッチリングも無限の8の字の融合体です。ちょっと難しいですが、東洋医学的な観点からもよく計算されて設計されているんですよ。

ではそのウェーブストレッチリングの効果は一体どんなものがあるのか、まとめてお伝えしていきますね!

ウェーブストレッチリング 効果

効果は一言でいうことが難しいのですが、ちょうど分かりやすい図がウェーブストレッチリングの公式ページに載っていますので紹介しますね。


↑ ↑ ↑
コチラが、効果をまとめた図です。
効果は複合的に絡み合っているのでまとめていうのは難しいのですが、それでもあえてまとめると、

✔筋肉のコリをほぐす効果
✔関節の可動域を広げる効果
✔自然な背骨のアーチを作り出す効果
✔ダイエット効果
✔インナーマッスルの筋トレ効果
✔インナーマッスルのストレッチ効果

などがあるんですね!
この、背骨の自然なアーチを引き出すという点が、ストレッチハーツには無い点ですよね。

またウェーブストレッチリングとストレッチハーツの大きく違う点は、最初にも少し書きまhしたが、東洋医学的な視点が設計に入っているという点。
これもまた文章だけの説明が難しいので、ウェーブストレッチリングの公式ページから図を拝借しますね!


↑ ↑ ↑
どうでしょう〜?少しイメージできますか?
東洋医学的理論と、西洋のボディケア理論がどちらも取り入れられているんですよね!
東洋医学的視点では、身体調節機能、中心感覚、脱力感覚など、もともと備わっている能力をさらに磨くことが出来るということです。ヨガや気功、太極拳などを極めることではなく、もっと手軽にこういった力を磨けるというのは、かなりスゴイことですよ!

ではここで、どんな使い方ができるのか、見ていきましょう〜。

ウェーブストレッチリング 使い方

ウェーブストレッチリングを使った独自のエクササイズはなんと500種類もあるそうです!ちょっと驚きですよね〜。
こちらでは代表的な使い方のいくつかを、例としてお伝えしますね!

肩、腰のストレッチ


椅子に座った状態で姿勢をのばし、リングの片方を肘にフックのように引っ掛けて、左右に交互に伸ばします。ゆっくりと深呼吸をしながら20〜30秒伸ばすのがポイントです。

肩甲骨の動きをスムーズに!


1つ目に紹介した動きから、徐々に肘を上へ引き上げて、同じく左右に交互に伸ばします。次に、肘にひっかけたリングを外して両端をつかみ、頭上まで上げて左右に交互に伸ばします。

腰痛予防、ヒップアップ!


リングの凹面が上になるように床に置き、坐骨が当たらないようにお尻を乗せます。後ろに倒れて両肘で体を支え、膝を左右に倒すようにして左右に大きく揺らします。これを10回〜20回繰り返します。

足裏のほぐし


凸面を上にして、かかとで足踏みします。つま先を内側、外側に交互に開きます。

以上が、代表的なほぐしでした。
その他にも、色々と公式のHPに写真付きで説明が載っていますので、チェックしてみてくださいね!
載っているエクササイズの種類を下にあげておきますね〜。

■首、肩、背中
✔背中の引き締め
✔背中と胸のストレッチ
✔体側のばし
✔背中と腰のストレッチ
✔肩のストレッチ
✔ウエストの引き締め
✔肩こり解消
✔首のストレッチ
✔肩と胸のストレッチ
✔肩と脇のコリほぐし
■腰、足
✔足首、ふくらはぎのほぐし
✔膝裏ほぐし(腰痛予防)
✔ウエスト引き締め
✔骨盤まわし
✔ふくらはぎ、大腿のストレッチ
✔ふともも裏のほぐし
✔股関節まわし
✔お尻のコリほぐし
✔股関節ストレッチ
✔腰のコリほぐし
■足底、ソケイ、お腹
✔お腹ほぐし
✔ソケイ部ほぐし
✔足裏アーチ、ツボ、反射区の刺激
✔踵と足裏ほぐし
✔外反母趾予防のストレッチ

以上のエクササイズは写真付きでのっているので、ぜひ試してくださいね!

まとめ

保坂尚希さんのストレッチハーツが売切れ続出で入手困難ならば、ウェーブストレッチリングも類似の効果が得られるので、代わりにオススメですよ〜、ということでした。

確かに、「ほぐし」「ストレッチ」などはどちらも十分に対応できるということがお分かり頂けたかと思います。また、実は「代わり」というよりも、ウェーブストレッチリングにしか出来ないエクササイズも多いということも分かりましたね!

ウェーブストレッチリングも、500種類という多様なエクササイズが可能なので、「ストレッチハーツの入荷まで待てない!」という方には、やはりオススメですよ〜^^

追記:実際に私がウェーブリングを使ってみた感想

実はウェーブリング、筆者自身、使った経験があるんですよ。

ジムでも使ったことがあるし、家にもあります。実際使ってどうかというお話をしますね。

脇に敷いたり腰に敷いたりしてみると、イタ気持ちいい〜!という感覚で、なんだか「効いてる感」をまずビシバシと感じます。

「筋膜リリース」と同じ要領なので、筋肉が硬くなっている人ほど痛いんですが、その分、使用前と使用後の変化の大きさにはびっくりすると思いますよ〜^^

例えば、片方の脇の下に敷いて横に寝て、肘をついて頭を支えゴロンとテレビを見るような姿勢で少しそのままキープ。

その後、片腕づつ、肘を伸ばしたまままっすぐ上に上げてみます。すると、脇の下にウェーブリングを敷いた方の腕のみ、「スッ」とかるーく上がるんですよ!

まるで、自動で動いているのかと思うほどに負荷無く上がります。むしろ逆の腕が重たく感じるほど。是非是非、購入されたらまず試してみてくださいね〜!!

「やっぱり入荷待ちでもストレッチハーツを試したい!」という方はコチラの公式HPよりご予約くださいね〜。使い方を解説したDVD付きです♪
↓ ↓ ↓

*ストレッチハーツの効果、口コミ評判についてのまとめはコチラから確認できます*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする